初めてのオリンピックに挑む進化を求め続ける若き女王【近藤亜美 ルポ】:柔道グランドスラム東京2015:テレビ東京

初めてのオリンピックに挑む進化を求め続ける若き女王【近藤亜美 ルポ】:柔道グランドスラム東京2015:テレビ東京

テレビ東京系列3日連続放送・12/4(金)5(土)6(日)

お知らせ
  • 柔道グランドスラム東京2015をご覧いただき、ありがとうございました。引き続き、当HPにて動画をお楽しみください。
  • 柔道グランドスラム東京2015をご覧いただき、ありがとうございました。引き続き、当HPにて動画をお楽しみください。
  • 東建コーポレーション
  • 三井住友海上
  • パーク24
  • KOMATSU
ニュース
2015.12.1

初めてのオリンピックに挑む進化を求め続ける若き女王【近藤亜美 ルポ】

柔道グランドスラム東京2015 - 初めてのオリンピックに挑む進化を求め続ける若き女王【近藤亜美 ルポ】

2013年「柔道グランドスラム東京」で優勝し、そこから世界に羽ばたいた近藤亜美。2014年世界選手権でも優勝しニューヒロインとして名乗りを挙げたが、その先には女王としての苦悩が待っていた。自身初めてとなるオリンピックイヤーに挑む、心の裏側とその変化を追った。

 

 日本の柔道史上、し烈な代表争いが繰り広げられてきた伝統の階級・女子48kg級。2012年ロンドン五輪以降、日本代表として名乗りを挙げたのは2013年「柔道グランドスラム東京」で金メダルを獲得した近藤亜美だった。

 このとき、弱冠18歳。高校生らしい勢いのある柔道でロンドン五輪の金メダリストに勝利するなど大金星をあげた近藤は、その翌年2014年の世界選手権でも優勝。続くグランドスラム東京でも2連覇を達成し一年間、世界女王として戦い続けてきた。表彰台の真ん中には、常に無邪気にはしゃぐ近藤の姿があった。笑顔は彼女の代名詞だ。

 

 しかし、2015年はそのあどけない笑顔が消えた。

「負けているときは気持ちを切り替えられていないから負けている」と自身が分析するように、国際大会において2大会連続で初戦敗退帰国してきた空港のロビーで出迎えても涙があふれてくるほどだった。

「世界女王としてどうやって戦えばいいのか?」その答えが明確にならないまま迎えてしまった今年の世界選手権。

 準々決勝で敗れ、敗者復活戦へまわった。だが、近藤はこの負けを境に「やっと気持ちを切り替えることができた」と、長いトンネルから抜け出した。世界女王ではなくなった瞬間に、世界女王として勝ち続けなければいけないというプレッシャーから解放され本来の、自分から前に出て攻める柔道で3位決定戦に勝利。久々のメダルを手にした。この銅メダルは、今まで獲得した金メダルと同じところに飾ってある。そこに、もう金メダル以外はいらない。

 

■新しい自分になるために

 次なる目標である「柔道グランドスラム東京」3連覇。来年のリオデジャネイロ五輪を控え、もちろん世界のマークは厳しくなる一方だろう。世界の洗礼を受けながら勝利を追い求める近藤は世界選手権後、全体的な練習の見直しを図ってきたという。

 最も重点を置いてきたことは、強度を上げて負荷をかけること。大会を目前に控えながらも所属する三井住友海上の道場内にあるジムで、歯を食いしばりながらフィジカルトレーニングに精を出す近藤がいた。

 

「蛇のように太い綱を引っ張るメニューがあるんですけど、それが一番しんどいんですね」

 

 近藤が稽古前に毎日取り組んでいるというフィジカルトレーニングは、実業団女子柔道の先駆けと言われる三井住友海上女子柔道部が考案したトレーニング器具を使ったオリジナルのメニューだ。すべてのトレーニングは柔道の動きと直結しており、瞬発系の筋力アップが目的である。

 

「通常の筋力トレーニングにはないメニューばかり。常に柔道の動きをイメージしながら取り組むことが大切なんです。世界選手権が終わってから3ヵ月経って、最近は上がらなかった重りが上がるようになってきました。自分ではすごく変わってきたな、と実感しています」

 

■進化し続ける心技体

「柔道グランドスラム東京」の先には、初めてのオリンピックイヤーが待っている。勝利と敗北をともに味わった若き女王は、着実に心も強くなっている。

 

「重量級の選手と乱取りすると、自分は一番小さいし弱いので必ずボコボコにされます。どんなに世界で戦っていても、ここでは簡単に負けるので練習中はしょげて泣いてばかりでした(笑)。でも、今は投げられる回数も減ってきましたし、受け身をとれる回数も増えてきました。小さいことかもしれないけれど、自分の成長を感じているので、練習中に投げられても泣くのは我慢できるようになってきました(笑)」

 

 世界の強豪に負けない、新しい自分を作り上げるために。「柔道グランドスラム東京」は、近藤が心技体そろって進化を遂げたことを証明する絶好の舞台となる。

 

 

■関連ニュース

昨年はたくさん負けたので今は負ける気がしない 【近藤亜美 インタビュー】

近藤亜美選手の横顔に迫る!【Q&A】

 

「リオデジャネイロ五輪代表選考会 柔道グランドスラム東京2015」

テレビ東京系列で12月4日(金)から3日連続放送!

メインキャスターは6年連続で小泉孝太郎!

 

【放送日時】

12月4日(金)夜 6:00 放送

12月5日(土)午後 4:35 放送

12月6日(日)午後 4:10 放送

 

【番組公式HP】

https://www.tv-tokyo.co.jp/judo/judogs2015/

柔道初の試み!カメラアングルを切り替えて楽しめる「マルチアングル動画配信」実施!

ニュース一覧