新着ニュース

梅木、佐藤、髙山がメダル圏内へ「柔道GS東京2016」最終日

2016.12.4

 東京体育館で2日に開幕した柔道の国際大会「柔道グランドスラム東京2016」。最終日の女子78kg級では、出場した日本人選手全員が九州出身という”九州の女対決”が繰り広げられ、3人が準決勝に駒を進めた。

 

 13人の選手がエントリーした同階級。リオデジャネイロ五輪の代表を務めた梅木真美は初戦となる準々決勝で、ワグナー(ドイツ)と対戦。まずはワグナーの小外掛が有効の判定でリードを奪われる。しかし、払巻込で梅木がポイントを奪い返し、そのまま袈裟固で一本勝ちを収めて準決勝に進んだ。

 

 同じく準々決勝から登場した佐藤瑠香(コマツ)は、イ ジョンユン(韓国)と対戦。先に指導を受けてしまうも、内股で有効を獲得。その後も攻め続けた佐藤が横四方固で抑え込み、そのまま一本勝ちを決めた。準決勝では、梅木と佐藤が直接対決する。

 

 また、3年連続8回目の出場となる緒方亜香里(了徳寺学園職)は、初戦でピエレ(フランス)と対戦。なかなか技をかけきれなかったが、緒方の大外刈りが技ありの判定。その際にピエレが負傷したため、そのまま試合終了となった。続く2回戦は、初出場の髙山莉加(三井住友海上)との日本人対決。試合開始早々、髙山が内股で技あり、そのまま横四方固で15秒間抑え込んで一本。ロンドン五輪代表の経験もある緒方に何もさせずに完勝した。一方の緒方は敗者復活戦でアポテカー(スロベニア)を相手に、抑え込みで有効を獲得。一度はリードするも、アポテカーの大内返で一本負けを喫した。

 

 

 白熱の戦いが繰り広げられた女子78kg級や、山部佳苗(ミキハウス)らが出場する女子78kg超級などの模様は、テレビ東京系列で夕方4時35分から放送される。

ニュース一覧