開運!なんでも鑑定団

毎週火曜 夜854分放送 BSテレ東 毎週木曜日夜7時55分放送

  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す

2016年12月27日放送

泉鏡花の原稿3点

鑑定依頼人平幡龍正さん
鑑定士 東原武文
ジャンル 古書・原稿
本人評価額¥ 1,000,000
エピソード今年3月に仏教系の大学を卒業。現在は実家の寺の副住職と9月に受け継いだ別の寺の住職を兼務しているが、夜更かしの癖が抜けず、たまに朝のおつとめに寝坊してしまうのが目下の悩み。お宝は住職に就任した際、父からお祝いに貰ったもの。初めて聞く名前で、読んでみてもさっぱり意味が分からなかったが、調べてみるとかなり有名な作家らしい。さらに2点は代表作らしいので、貴重なものかもしれないと期待している。
シェアする

鑑定士総評

極めて珍しいもの。「夜釣」という作品の原稿だが、非常に珍しい事にペン書き。泉鏡花の筆跡というのは圧倒的に墨で書かれたものが多く、葉書でさえもペンで書かれたものはなかなかない。泉鏡花の原稿は通常400字一枚20~30万円で、「夜釣」は15枚程度ありなおかつペン書きということで400万円とした。「婦系図」の原稿は帖になっており、第九十五回目が初めから終わりまで揃っている。幅になったものは百十五回目か何かの終わりの方の一部。当時長編小説は新聞に連載されることが多かったが、せいぜいまとめて一週間分くらいしか書かない。その途中途中で出版社に送るので、わりと原稿が散逸してしまう。依頼品のように残っているのは珍しい。「婦系図」というのは半自叙伝的な泉鏡花を代表する名作のひとつ。

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。 ※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです。

同じ日に放送された他のお宝2016年12月27日

同じジャンルのお宝

鑑定依頼 観覧希望
お宝鑑定に挑戦
ページトップに戻る

おすすめサイト