開運!なんでも鑑定団

毎週火曜 夜8時54分放送 BSテレ東 毎週木曜日夜7時55分放送

2019年11月19日放送

鳥居清長の肉筆画

鳥居清長の肉筆画
鑑定依頼人 北添繁幸さん
鑑定士 山村浩一
ジャンル 日本画
本人評価額 ¥ 15,000,000
エピソード 小学生の時から木を彫るのが好きで、独学で彫刻家になった。現在は、明治4年に建てられた小学校を改装したアトリエで創作に励み、年に数回個展を開いている。お宝は、江戸時代後期の浮世絵師の肉筆画。昨年、知人の会社社長から、「うちの社員に絵の才能がありそうなやつがいるので、絵を見てやって欲しい」と言われ、週に1回、2時間程の授業を無償で半年ほど続け、最後に仕上げとして個展を開いてあげた。その際、社長から「是非お礼がしたい」と言われ、その方の家に伝わっている絵を手渡してくれた。大変有名な浮世絵師なので、本物なら値打ちがあると思う。
OPEN THE PRICE

鑑定士総評

鳥居清長ではない。元となっている版画の作品があり、「江ノ島詣」というタイトルでシカゴ美術館に所蔵されている。それを真似て描いたであろう作品。経年変化を見ると明治頃に作られたものだろう。一見すると清長風に見えるが細部に描写の甘いところがある。奥の江ノ島の描き方を見ると、本物は岩肌もきちっと描線で描ききっているが、依頼品はつるっとしている。遠景にいる子供も表情が感じられない。

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。 ※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです。

シェアする

同じ日に放送された他のお宝2019年11月19日

放送日で探す

ジャンルから探す

鑑定士から探す

ジャンル