ストーリー | 孤独のグルメ Season2(シーズン2)

010203040506070809101112

5 横浜市白楽の豚肉と玉ねぎのにんにく焼き

孤独のグルメSeason2 11月7日放送場面1
孤独のグルメSeason2 11月7日放送場面2
孤独のグルメSeason2 11月7日放送場面3
孤独のグルメSeason2 11月7日放送場面4
孤独のグルメSeason2 11月7日放送場面5
孤独のグルメSeason2 11月7日放送場面6

五郎はこの日、神奈川大学の白石教授(入江雅人)に呼ばれて白楽駅を降り、神奈川大学を訪れた。
前回納品した馬の彫刻について何か言っているのだが、要領を得ない。
置物が好きな白石は、ふと五郎に馬の彫刻の意味を聞いた。
それに五郎がすかさず答えると、非常に機嫌が悪くなる白石。
続いて白楽の意味を聞かれ、五郎が正解を答えると、さらに機嫌が悪くなる白石。
自分の失敗に気づいた五郎は、気分直しに学食のカフェへ。まだ誰もいないカフェで「神大ソフトフルーツミックス」を堪能。安くてゴージャスでうまくて無心に食べていると、いつの間にか女子大生に囲まれていて焦る五郎だった。
五郎はせっかくだからと六角橋商店街を覗いてみる。
小さなアーケードを見つけ歩いていると、スペシャルティコーヒーを出す「珈琲文明」という喫茶店が気になり入る。天井に映し出す青空が夕焼けになったりするのを眺めながら、コーヒーの香りをたのしみ、ほっこりのんびりしていると、ふと隣の小説家風の男性が話しかけてきて…不思議な世界に引きずり込まれる五郎だった。
五郎はどうしてもこの商店街でお昼を食べたくなり歩き回るうち、「キッチン友」という看板にひかれ、迷わず入る。
隣の学生風カップルの会話を盗み聞くと、なぜか心理テストをしている。
メニューにはスペシャル…ジャンボ…まさに学生街の洋食屋。
五郎は「スペシャル友風焼き」を頼むのだった。
ゲスト/入江雅人(白石教授役) 斉木しげる(老男性役) 阿曽山大噴火(ふらっとQUSUMI)

配信中!

テレビ東京「孤独のグルメ 大晦日スペシャル~瀬戸内出張編~」
テレビ東京「孤独のグルメ お正月スペシャル!~井之頭五郎の長い一日~」
孤独のグルメスペシャル!真夏の東北・宮城出張編
孤独のグルメ お正月スペシャル!真冬の北海道・旭川出張編
孤独のグルメ特別編!真夏の博多出張スペシャル
孤独のグルメ8
孤独のグルメ7
孤独のグルメ6
孤独のグルメ5
孤独のグルメ4
孤独のグルメ3
孤独のグルメ2
孤独のグルメ1
  • 孤独のグルメ グッズ
孤独のグルメ2Blue-ray・DVD発売記念!吉見Pの孤独のロケハンSeason2 お店探しの奔走記

トップページへもどる