ラスト・ドクター ~監察医アキタの検死報告~



ストーリー

第2話

14.07.18 OA


バックナンバー
監察医務院に、自動車事故で死亡した森村(賀集利樹)の遺体が運び込まれる。
事故の原因は飲酒か、病気による意識喪失か、もしくは別の理由なのか明らかにするため、秋田が解剖をすることになる。
交通課の西田刑事(きたろう)は、自動車事故の件数を増やしたくないと、病気を原因にしたいようだが、解剖の結果、病変もアルコールの痕跡も見つからなかった。
だが、秋田は森村の首に「アイスピックなど先のとがった物」=“有尖無刃器”での刺し傷を発見。
「もしかして・・・殺人?」という薫子に、秋田は「可能性はある」と答える。
その傷は死亡する30分前に負ったものと診断するが、傷跡の形は今までに見たことのないものだった。凶器は何か?秋田は薫子と金物屋を巡って特定を始める。

一方、警察は森村の婚約者・有美(小野ゆり子)周辺の人物に話を聞く中で、森村が仕事で坂田(鈴之助)という男とトラブルになっていたことを突き止める。
池田刑事(渡部秀)の捜査によると、森村と坂田は有美をめぐっても対立していたといい、事故の夜から坂田と連絡がつかなくなっていた。登山が趣味の坂田は、有尖無刃器のひとつであるピッケルを所持しているはずだ。
池田刑事らは坂田の行方を追う。

ゲスト出演者

  • photo
    森村の婚約者
    有美 役
    小野ゆり子
  • photo
    事故死した男性
    森村 役
    賀集利樹
  • photo
    森村の仕事仲間
    坂田 役
    鈴之助
  • photo
    交通課刑事
    西田 役
    きたろう

ページトップ