森保ジャパン カメルーン戦 セルジオ越後が選手&監督を5段階評価でガチ採点!

サッカー

2020.10.11



【セルジオ越後の言いたい放題】カメルーン戦 森保ジャパンを本音で採点。およそ10か月ぶりとなる試合となったカメルーン戦で、スコアレスドローに終わった森保ジャパン。そんな森保ジャパンのメンバーを、辛口解説でお馴染みのセルジオ越後が本音で採点。

セルジオ越後コメント

収穫はなかった試合だと思います。
ほとんどの長い時間、特に前半はカメルーンのペースで、チャンスらしいチャンスはほとんどなかったですね。シュートを打っても勢いがなくキーパーの真正面で、得点が取れる感じがなかったです。期待が大きすぎました。久しぶりに試合をやって、みんなが何を求めたかというと、チームの柱にした南野と久保に対する得点するだろうという期待でしたよね。大迫にしても堂安にしてもみんな同じです。結局、0-0の試合は見る側にしたら一番面白くないです。得点が入って引き分けたならこうだった、ああだったと言えるのですが、0-0というのはものすごく尾を引きますよね。

【動画】セルジオ越後、移籍注目の久保建英に「本田圭佑を見習え!」

他の選手を見ても、見飽きてるくらい見ているメンバーです。残念ながら1年経って成長していなかった、というのが、僕の率直な厳しい意見です。高い評価はできません。

各選手を5段階評価でセルジオ越後が採点

5段階.jpg

1点〜5点までの評価で、守る方は、安西幸輝(左SB)がすごく攻められたので3点で、あとのDFの選手は4点です。これは失点を0点で抑えたという評価です。攻撃は、ボランチから前の選手はみんな3点、交代で入った選手は出る時間も短いですが久保建英はフリーキックを評価して3点、鎌田大地はドイツでの活躍が全然通じなかったので2点です。

4点をあげられたのは、後半から出場したMFの伊東純也です。 フリーキックをもらったし、右サイドのサイド攻撃が全然できない中、彼が入ってから彼のスピードを生かしてガンガン相手の裏に入り、あわやPKをもらうところまでいった。後半のチームの攻撃の柱になりましたね。もし先発で出ていたら、勝っていたかもしれないというくらい出来が良かったです。

久保が3点の理由は、良かったところが試合終了間際のフリーキックだけだったからです。あのフリーキックが相手GKを脅かしていなかったら、評価は2点です。途中出場で時間も少なかったですが、1回相手を抜いたのはよかったもののセンタリングが全然合わなかった。あとはパスミスもあったし、ボールを取られてカウンターもくらいました。でも、あのフリーキックで決勝点を入れていたら5点ですね。それが試合の査定の厳しさじゃないかと思います。

日本代表エースとして南野に期待する役割

南野拓実の3点についてですが、僕としては今の日本代表でビッククラブでエースとしてプレーしているのは彼だけだと思っています。クラブでは出たり出なかったり、試合によって得点したり活躍したり、とステータスとしては日本代表チームの中で一番期待されていたと思います。彼のチームになるかなと。彼も気合が入っていて、激しく当たりに行ってDFの選手よりもファールをもらっていました。その辺りは今彼が所属するリーグのポジション争いの中でやらなければいけないことです。

考えてみたら、彼はリバプールでは活かされている選手なんです。周りの選手が良すぎるから、レベルが高いからです。動いたらパスが出てくる、ゴール前に行ったらボールがくる。でも日本代表では逆で、彼が周りを活かす仕事が宿題として残っています。リバプールの方が、日本代表よりも強いんです。彼に求めたいのはそういうところだったんですが、そういう働きは見えなかったし、期待されていた中でシュートは1本、それも弱かったです。それだけではチームのエースとしては、無得点で終わった試合ですし途中交代され、僕は高い評価はできないですね。残念でした。

最後.jpg

久保や南野がちゃんと結果を出さなかったら、何だこの騒ぎはとなってしまい、日本サッカーの知名度が段々と下がっていくことは間違い無いんじゃないかと思います。

セルジオ越後の採点(5段階評価)
【スタメン】
◇FW 大迫勇也 3  ◇DF 安西幸輝 3
◇MF 原口元気 3  ◇DF 吉田麻也 4
◇MF 南野拓実 3  ◇DF 冨安健洋 4
◇MF 堂安律  3  ◇DF 酒井宏樹 4
◇MF 中山雄太 3  ◇GK 権田修一 3
◇MF 柴崎岳  3  ◇森保一監督 3

【交代選手】
◇MF 伊東純也 4  ◇MF 鎌田大地 2
◇MF 久保建英 3  ◇DF 菅原由勢 2