新井千鶴 金メダル!初出場で悲願!代表落ちの悔しさ乗り越え【五輪柔道】

柔道

2021.7.28

GettyImages-1331075921.jpg
新井千鶴 Photo by Harry How/Getty Images

◆東京五輪 柔道女子70キロ級(28日・日本武道館)

28日、東京五輪の柔道5日目は、女子70キロ級の新井千鶴(三井住友海上)が決勝でポレレス(オーストリア)を下し金メダルを獲得した。日本柔道女子は52キロ級の阿部詩(日体大)に続き2つ目の金メダルとなった。

新井は初めての五輪。リオ五輪代表落ちの悔しさを乗り越えての悲願となった。 この階級は前回大会で田知本遥が金メダルを獲得しており、日本勢が連覇を成し遂げた。

◆新井千鶴
1993年11月1日生まれ、埼玉県出身。17、18年世界選手権金メダル。得意は内股。埼玉・児玉高校-三井住友海上。172センチ。