男子100キロ級 ウルフアロン 金メダル!柔道日本男子5個目の「金」!【五輪柔道】

柔道

2021.7.29

E7dgjYHVgAI4ock.jpg
ウルフアロン Photo by Chris Graythen/Getty Images

◆東京五輪 柔道男子100キロ級(29日・日本武道館)

29日、東京五輪の柔道6日目は、男子100キロ級のウルフアロン(了徳寺大職)がチョ・グハム(韓国)を決勝で下し、初出場の五輪で金メダルを獲得した。今大会柔道日本男子では5個目の金メダルとなった。

この階級では、井上康生が制した2000年シドニー五輪以来となる金メダル。男子では過去に7人(猪熊功、岡野功、上村春樹、山下泰裕、斎藤仁、井上康生、鈴木桂治)が達成している柔道三冠(五輪・世界選手権・全日本選手権の3大会すべてで優勝)となった。

◆ウルフアロン
1996年2月25日生まれ、東京都出。千葉・東海大浦安高-東海大。17年世界選手権金メダル。了徳寺大職。左組み。父はアメリカ出身。1メートル81センチ。

E7dglfDVIAkiCnn.jpg
Photo by Yannick Verhoeven/BSR Agency/Getty Images