NEWS新着情報

2019.01.29

世界卓球 女子代表が決定!石川、伊藤、平野、佐藤が選出

平野美宇、石川佳純、伊藤美誠、佐藤瞳 Photo:Itaru Chiba


「世界卓球2019ハンガリー(個人戦)」<4月21~28日/ブダペスト>の男女日本代表選手が1月29日、
日本卓球協会から発表された。今回発表されたのは男女各5人の枠のうち4人。すでに内定していた男子3人、女子2人に加え、強化本部推薦の男子1人、女子2人が明らかになった。残る1人にはジャパントップ12(3月2~3日/仙台)の初日に行われる最終選考会の優勝者が選出される。なおダブルスについては最終選考会後、9日までに理事会に報告され発表される見通しとなっている。

世界卓球 男子代表が決定!水谷、張本、丹羽、吉村が選出

【女子代表メンバー】(WR=世界ランク、数字=世界卓球個人戦出場回数)
石川佳純(全農)WR3位 7回目
伊藤美誠(スターツSC)WR7位 3回目
平野美宇(日本生命)WR9位 3回目
佐藤瞳(ミキハウス)WR12位 2回目

選考理由について女子代表の馬場美香監督によれば、まず選考基準(1)2019年1月発表の世界ランク20位以内の日本人最上位選手に該当する石川、(2)2019年1月発表の世界ランク100位以内の日本人最上位選手に該当する伊藤はすでに内定していた通り代表に決定。伊藤に関しては(4)平成30年全日本卓球選手権大会女子シングルス優勝者でもあり、選考基準(2)と重複するため、他選手2人が強化本部推薦を受けることとなった。

強化本部推薦を受けたのは世界ランク9位の平野と同12位の佐藤。馬場監督は「2018年1月以降の主要国際大会の実績と内容を評価した。(両選手とも)世界30位以内の選手4人に勝利しており、平野選手は日本人で3番目、佐藤選手は4番目に世界ランクが高い」と説明している。さらに平野については「(2017年の)アジアチャンピオンであり、前回、個人戦で行われた世界卓球2017ドイツ女子シングルスで3位になっている。彼女の特長である高速卓球は中国に通用する部分でもある」と話している。また、佐藤に関しても「カットマンで非常に守備範囲が広い。加えて昨年は攻撃力を増すよう努力している」と成長を評価した。

他候補には世界ランク15位の芝田沙季(ミキハウス)と同38位の安藤みなみ(専修大学)も挙がったといい、この2人も「世界ランク30位以内の選手4人に勝利している」と話した。

なお残る1人は前述したように選考基準(3)国内選考会の優勝者、つまり3月2日に開かれる最終選考会の優勝者に決定する。

(文=高樹ミナ)

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード

最新記事