NEWS新着情報

2019.04.06

丹羽、張本、石川が決勝トーナメント進出。涙の平野はプレーオフへ<アジアカップ>

平野美宇 Photo:Itaru Chiba


 卓球のアジアNo.1を決める「ITTF-ATTUアジアカップ」<4月5〜7日/横浜>が横浜文化会館で5日に開幕し、予選リーグ(第1ステージ)を終えた。男女とも4人ずつグループA〜Dに分かれて行われた予選リーグで1位通過を果たした日本人選手は男子グループCの丹羽孝希(スヴェンソン)。

韓国のエース、イサンスをゲームカウント3-1(予選リーグは5ゲームマッチ)で倒すなどの活躍で、6日に始まる決勝トーナメント(第2ステージ。7ゲームマッチ)準々決勝へ駒を進めた。決勝トーナメントの初戦では香港の黃鎮廷と対戦する。

丹羽孝希 Photo:Itaru Chiba


 2位通過で決勝トーナメント準々決勝へ進んだのは男子グループBの張本智和(木下グループ)と女子グループCの石川佳純(全農)だ。五輪や世界卓球の金メダリストである馬龍と約10カ月ぶりに対戦した張本は先に1ゲームを奪われるも、すぐさま2ゲーム目を奪い返しゲームカウント1-1で馬龍に並んだ。だが3ゲーム目からは「馬龍選手のサービス・レシーブが厳しくなった。チキータも待たれたりした」と張本が話すように馬龍の攻めが加速。凄まじい威力のフォアハンドドライブやカウンターで張本の追撃を封じ、ゲームカウント3-1で勝利した。試合を終えた張本は「すべてのところで相手の方が一枚上だったと思う」と振り返った。

 一方、女子世界ランク2位の朱雨玲(中国)と同じグループAに入った平野美宇(日本生命)は、その朱雨玲にゲームカウント1-3で敗退。3試合目に対戦した香港の杜凱琹にもゲームオールで負けてしまい、予選リーグ1勝2敗で3位に沈み、6日朝に行われる「チャレンジ」と呼ばれるプレーオフへ回った。チャレンジでは各グループ3位の選手とコンチネンタルグループと呼ばれるグループDで1位だった選手の計4人でトーナメントを行い、勝ち上がった2人が決勝トーナメント準々決勝へ進む。

予選リーグを終えた直後の平野は、「3年連続で最後、杜凱琹選手に負けてしまってすごく悔しい。予選リーグ1位か2位が目標だったので......」と声を詰まらせたが、実はアジアカップでは昨年、一昨年もチャレンジに回り、そこから決勝トーナメント準々決勝に進んだ実績がある。今回も平野の持ち前の底力に期待したい。

(文=高樹ミナ)



  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード

最新記事