NEWS新着情報

2019.04.06

張本、丹羽、石川、平野 いずれも中国人選手に敗れる<アジアカップ>

張本智和、丹羽孝希、石川佳純、平野美宇 Photo:Itaru Chiba


 卓球のアジアNo.1の座をかけ熱戦が続く「ITTF-ATTUアジアカップ」<4月5~7日/横浜>が6日、大会2日目を終了した。注目の日本勢は張本智和(木下グループ)、丹羽孝希(スヴェンソン)、石川佳純(全農)が決勝トーナメント準決勝に駒を進めたが、いずれも中国人選手に敗退。最終日の3位決定戦に臨むこととなった。

一方、今朝のチャレンジ(プレーオフ)を勝ち上がり決勝トーナメント準々決勝に合流した平野美宇(日本生命)は予選リーグでも対戦した世界ランク2位の朱雨玲(中国)に再び敗戦。だが続く5-8位決定戦では韓国のチョンジヒに勝って、最終日は5位決定戦を戦うこととなった。その対戦相手は予選リーグで競り負けた香港のエース、杜凱キン。平野は因縁の対決でリベンジを誓う。

 大会2日目最大の見どころは張本と樊振東の準決勝だった。2人の対戦は昨年のアジアカップ以来、約1年ぶり。この時は予選リーグで対戦し、張本が樊振東から勝利をもぎ取った。しかし、今年はそう上手くいかなかった。第1ゲームを張本が奪うも、第2ゲームからは樊振東のペース。特にゲームカウント1-3の樊振東リードで迎えた第4ゲームでは、樊振東がやや台から下がり中陣からの攻撃を張本のペースを狂わせ、5連続ポイントを挙げるなどしてこのゲームを奪取。結局、これが勝負の分かれ目となり、第5ゲームもストップからの展開で有利に運んだ樊振東が一気に勝利を決めた。

 丹羽は世界王者の馬龍と対戦。第1、2ゲームを先取された後、第3ゲームで盛り返す場面もあったが反撃及ばず。ストレートで準決勝敗退となった。最終日の3位決定戦では張本と対戦する。また、石川は世界ランク3位の陳夢(中国)にゲームカウント1-4で準決勝敗退。シンガポールのエース、フォン・ティエンウェイとの3位決定戦に臨む。なお、アジアカップはワールドカップの予選も兼ねており、3位までに入るとワールドカップの出場権が自動的に与えられるとあって負けられない一戦だ。


  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード