NEWS新着情報

2019.05.31

【卓球】平野美宇 徹底した「フォア攻め」に屈し世界1位の丁寧に完敗<中国OP>

平野美宇 Photo:Itaru Chiba


ITTFワールドツアー・プラチナ 中国オープン<5月28日~6月2日 深セン>31日の大会4日目、女子シングルスの2回戦(ベスト8決定戦)が行われ、平野美宇(日本生命)が世界ランク1位の丁寧(中国)と対戦し、0-4のストレートで敗れた。

徹底的にサービスでフォア側を突かれた平野は序盤から苦しい展開。相手に攻めさせまいとチキータレシーブを仕掛けるがミスが出てしまい、入れにいったボールは相手の3球目攻撃の餌食になる。得意のラリー戦でも丁寧は無理にスピード勝負には付き合わず、台から少し距離をとって確実に返球すると、攻め急いだ平野にミスが出てしまい、第1、第2ゲームを落とす。

丁寧 Photo:Itaru Chiba


第3ゲームは相手のフォアサイドを狙う作戦で活路を見出そうとした平野は、要所でフォアのストレート攻撃が決まるも、中盤で離されてゲーム奪取ならず。第4ゲームも7-7まではシーソーゲームで進んでいったが、最後は4連続失点を許して敗退となった。

しつこいくらいの"フォア攻め"サービスで平野の武器である連打を封じた丁寧。一方の平野は、持ち前の巻き込みサービスが単調になり、相手を崩すことができなかった。ラリーのスタートであるサービス、レシーブでいかにして先手を奪えるか。さらなるレベルアップが平野に求められている。

【ITTFワールドツアー・プラチナ 中国オープン】
<女子シングルス2回戦>
平野美宇 0-4 丁寧(中国)
9-11/3-11/6-11/7-11

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード

最新記事