NEWS新着情報

2019.07.19

張本智和、新ルールの洗礼を浴びた初戦敗退を振り返る<T2ダイヤモンド>

張本智和 写真:新華社/アフロ


「T2ダイヤモンド マレーシア」<7月18~21日/ジョホールバル>が18日に開幕し、男女1回戦16試合のうちの8試合を終えた。大会初日を締めくくる第8試合でコウ鎮廷(香港)と対戦した張本智和(木下グループ)は先手有利の新ルールの影響は否めず、上位進出が期待された大会の初戦で姿を消した。

【LIVE配信】T2ダイヤモンド マレーシア 7月18日(木)~21日(日)開催!

勝敗を分けた張本の第3ゲーム

 張本は第1ゲームを9-11で落とすも、第2ゲームは11-6で奪い、第3ゲームが勝負の分かれ目となった。コウ鎮廷はTリーグなどで勝ち越している分のいい相手だ。だがこの日のコウ鎮廷は武器であるペンドライブの威力やカウンターが冴え渡り、張本は徐々に押され気味になっていった。そして訪れたこのゲームのゲームポイント。8-10でリードされてから10オールに追いつきノーデュースで取られた場面だ。ここを張本は敗因に挙げている。

「3ゲーム目、自分がリードしている中で取りきれなくて、そこから相手が自信を持ってプレーしてきた。取るべきところを取れなかったのが負けた理由。ボールの威力や技術の精度も今日は相手の方が上だった。8-10から追いついて流れで持っていきたいところだったが、相手がチキータさせないようにロングサーブを出してきて、そこでミスしてしまった。それで流れがあっちに行ってしまった」

T2ダイヤモンド マレーシア 試合結果

 続く第4ゲームを5-11であっさり落とした張本は、ゲームカウント1-3で第5ゲームに突入。5ポイント先取のプレーオフゲームが適用された第5ゲームでは、得意のチキータレシーブやサーブを軸にした鮮やかな3球目攻撃などが決まりゲームカウントは2-3。だが第6ゲームは再びコウ鎮廷の勢いが勝り、張本の初戦敗退が決まった。

張本にT2ダイヤモンド独自の新ルールの影響があったのか? 本人はノーデュースや5ポイント先取の重圧はそれほどなく、「あまり後のことは考えなかった」と言うが、「このルールだと大量リードしないと難しい」とも話している。ただ、ルールはどの選手にとってもイコールで、「4ゲームが終わった時点で1-3は確実に力不足」と話し、さらに「中国人選手に勝てたからといって、他の国の選手に絶対負けないわけじゃない。もっといろいろな選手に勝って、安定して勝ち上がれるようになりたい」と自身の課題を改めて口にしていた。

(文=高樹ミナ)


  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード

最新記事