NEWS新着情報

2019.07.21

【卓球】加藤美優「最初から強気に攻めた」世界ランク1位の陳夢を破る大金星!ベスト4進出<T2ダイヤモンド>

加藤美優 写真:新華社/アフロ


T2ダイヤモンド・マレーシア大会<7月18~21日/ジョホールバル> 大会3日目の7月20日、女子シングルス準々決勝で加藤美優(日本ペイントホールディングス/世界ランク22位)が、世界ランク1位の陳夢(中国)をゲームカウント4-2で破る大金星を挙げた。

国際大会では2戦2敗の相手だが、最後に戦った2017年4月のアジア選手権から2年以上経っており、加藤は成長した姿を見せたい試合。

T2ダイヤモンド マレーシア 試合結果

第1ゲームから得意のバックハンドで攻める加藤。さらにミユータ(逆チキータ)がよく効き、何度もレシーブエースを奪う。しゃがみ込みサーブでサービスエースも連発して、幸先良く先制。第2ゲームは出足からリードも、徐々にサーブへ対応してきた陳夢に要所でフォアを狙われ逆転される。だがバックでミスをせず、フォアでも決定打を放った加藤が再逆転してこのゲームも奪った。

第3ゲームは中盤から陳夢のペース。フォアの決定打で流れを作られ、バックの打ち合いでもほころびが出た加藤は1ゲームを返される。第4ゲームは出足からしゃがみ込みサーブで2点取った加藤の流れに。決定打をフォアに集める陳夢を加藤のバックハンドとレシーブが勝り、最後もサービスエースで取って王手をかける。

ここで次のゲームから「24分経過後に始まったゲームはデュースなしの5ポイント制」となる、T2ダイヤモンドの特別ルールが適用に。

第5ゲームは陳夢の攻めが勝り、加藤もサービスエースを連発するも届かず1ゲームを奪われる。第6ゲームも陳夢のフォア攻めに押される加藤。しかしサーブからの展開で打開し3-4まで追い詰めたところで中国ベンチの馬琳コーチがタイムアウト。だがその後もミスのないしぶといラリーで2点を取って逆転した加藤はこのゲームを奪い、とうとう世界ランク1位に勝利した。

日本勢7人出場も加藤美優以外は初戦敗退 水谷、平野らが敗因を語る<T2ダイヤモンド>

加藤は試合後のインタビューで、「監督からも強気で攻めていけってずっと言われていて。いつも私は勝ちそうになると守りに入ってしまっていたので、今日は最初から強気に攻めることを意識していました。強い気持ちを持って試合をすれば、強い選手にも勝てることがわかって自信になりました」と語った。

日本勢総崩れの中で、加藤は快挙をやってのけた。

【T2ダイヤモンド・マレーシア大会】
<女子シングルス準々決勝>
加藤美優 4-2 陳夢
11-4/11-9/4-11/11-5/2-5/5-4




  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード

最新記事