NEWS新着情報

2019.08.30

【Tリーグ】森薗政崇「久々に卓球が楽しく感じた」張本智和を破る金星!

森薗政崇 (c)T.LEAGUE


卓球の「ノジマTリーグ2019-2020」が8月29日、アリーナ立川立飛で開幕した。オープニングゲームの対戦カードは昨シーズン優勝した初代王者・木下マイスター東京(KM東京)と2位の岡山リベッツ(岡山)。最終のビクトリーマッチまでもつれた激戦に詰めかけた2,115人のファンが熱狂した。

KM東京がマッチカウント2-1とリードした第4マッチでは水谷隼とともにKM東京の2トップとしてチームをけん引する張本智和が森薗政崇と対戦。世界ランク56位の森薗はこれまで張本に勝ったことがなく、張本優勢は歴然だった。ところが得意のバックハンドにミスを連発し、いまひとつリズムをつかめない張本に対し、多彩な攻撃を仕掛け、珍しくしゃがみ込みサーブまで見せた森薗が主導権を握り、試合は最終ゲームに突入。

6-6から始まる最終の第5ゲーム(Tリーグのシングルスは5ゲームマッチ)は9-9で並ぶ大接戦の末、先にマッチポイントを握った森薗が格上の張本から初勝利を挙げた。これでマッチカウントは2-2となり、勝負はわずか1ゲームで決するビクトリーマッチへともつれ込んだ。その後のビクトリーマッチでは水谷が上田仁を下してKM東京が開幕戦白星を飾っている。

張本智和 (c)T.LEAGUE


 張本から大金星を挙げた森薗は「久々に卓球が楽しく感じた」と明るい表情だった。結果が伴わなかったワールドツアー・ブルガリアオープン、チェコオープンの2連戦を振り返り、「状態が悪い中で自分なりに必死にやったが、ナショナルチームの指導陣からお叱りを受けた。

自分の卓球にすごく自信がなくて、何をどうしたらいいか分からない状況が長く続いている」と苦しい胸の内を明かしながら、張本戦での勝因について、「僕の持ち味であるチキータから入っても、最近は大して点数が取れていない。競り合うと武器にすがってしまうところがあったが、変わるなら今日しかない思い、最後までフォア前サーブはフォアでレシーブすることを貫いた。サーブ力のなさもあったので、思い切っていろんなサーブを出した。それがうまくハマった」と語った。

(文=高樹ミナ)


【ノジマTリーグ 2019-2020シーズン<8月29日>】
KM東京 3-2 岡山
張本智和/丹羽孝希 1-2 上田仁/森薗政崇
水谷隼 3-0 吉村和弘
ホウ・エイチョウ 3-1 町飛鳥
張本智和 2-3 森薗政崇
水谷隼 1-0 上田仁



卓球Tリーグ開幕戦
2019-2020シーズン開幕戦をBSテレ東で生中継!

◆女子開幕戦
昨年の覇者・日本生命レッドエルフ×木下アビエル神奈川の開幕戦。昨季MVP早田ひなと日本のキャプテン石川佳純が火花を散らす
BSテレ東:8月30日(金)18:00~20:48
日本生命レッドエルフvs木下アビエル神奈川 ※生中継

番組HP:https://www.tv-tokyo.co.jp/tabletennis/tleague/

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード