NEWS新着情報

2020.02.24

伊藤美誠 フルゲームの大接戦で台湾のエースを下して今季ツアー初V!【卓球 ハンガリーOP】

伊藤美誠 PHOTO:@ITTFWorld

ITTFワールドツアー・ハンガリーオープン<2月18日~23日/ブダペスト> 大会最終日の2月23日、女子シングルス決勝で伊藤美誠(19歳=スターツ/世界ランク3位)が台湾のエース・鄭怡静(28歳=同10位)をゲームカウント4-3で下し、今期初となるワールドツアー優勝を果たした。

過去の国際大会では伊藤が5勝2敗で2連勝中だが、直近の2019年グランドファイナルではゲームオール12-10の大接戦にもつれこんでいる同対戦。

第1ゲームから伊藤は相手に的を絞らせない多彩なサーブレシーブからの攻めで11-7で先制するが、第2ゲームは鄭のモーションのわかりづらいサーブと強烈なフォアドライブに伊藤は1-11と一方的に落とす。

鄭怡静 PHOTO:@ITTFWorld

第3ゲームはお互いを両サイドに振って攻める展開となり、時折フォアで動いてのループドライブやスマッシュを決めた伊藤が11-6で取り返すが、第4ゲームは伊藤のストレートへのバックハンドが入らず、バック前サーブへの返球パターンが狭まり7-11で奪われる。

第5ゲームはドライブが好調の鄭を止められず、立て続けにエッジボールとネットインでも失点して2-11で落とし、第6ゲームも鄭の中陣両ハンドドライブに押されるが、伊藤がハーフロングのサーブや両サイドへのバックハンドで打開して11-9と逆転で奪う。

最終第7ゲームはドライブを連発する鄭に対し、前陣を死守して両ハンドで対抗する伊藤が少しずつ上回りはじめ、最後は9-7でのサーブ権2本をフォア強打で決めて11-7とした伊藤が、今季ツアー初優勝を飾った。

【ITTFワールドツアー・ハンガリーオープン】
<女子シングルス決勝>
伊藤美誠 4-3 鄭怡静(台湾)
11-7/1-11/11-6/7-11/2-11/11-9/11-7

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード