NEWS新着情報

2020.03.28

【卓球】石川佳純 21年五輪内定に「更にレベルアップして、笑顔で迎えられるように」


1年程度延期が決定した東京五輪。28日(土)に日本卓球協会の理事会で既に代表に内定している6人をそのまま維持することをが決まった。内定維持について卓球女子日本代表の石川佳純(全農=27)が自身のHPでコメントを発表した。

石川佳純 ようやく掴んだ夢の切符 ラスト100日に密着「頑張らなくていい」そう言われたから、頑張れた

石川佳純 オフィシャルウェブサイトより

皆さん、こんばんは。

今日、日本卓球協会の理事会で来年に延期される東京オリンピックでも、出場の内定を頂きました。今は世界中が大変な状況になっていて、ニュースを見るたびに心を痛めています。まずは、皆さんと一緒に意識を高めて、この難局を乗り越えましょう。

そして一年後、更にレベルアップした自分で、コートに立って2021年の東京オリンピックを笑顔で迎えられるよう、一日一日努力していきます。皆さまも健康には十分ご留意され、お過ごしください。

石川佳純

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード