×

じゅんみま 日本卓球史上初の金メダル!水谷「いままでのリベンジができた」伊藤「すごくうれしい」【五輪卓球】

2021.07.26
SHARE
記事をシェア
2021.07.26

水谷隼・伊藤美誠 Photo:Itaru Chiba

東京オリンピック卓球競技<7月24日~8月6日> 3日目の7月26日、混合ダブルス決勝で第2シードの水谷隼(木下グループ)/伊藤美誠(スターツ)ペアが、第1シードの許キン/劉詩ブン(中国)ペアをゲームカウント4-3で下し、日本卓球史上初の五輪金メダルを獲得した。

水谷隼・伊藤美誠 試合後コメント

ーついに(金メダルに)たどり着きました。いまの気持ちいかがでしょうか

水谷:本当に中国という国に、本当にオリンピック、世界卓球で負けてきて、この東京オリンピックでいままでのすべてのリベンジができたんじゃないかと思います。

伊藤:すごくうれしいです。みなさんの、日本代表選手のスタッフさんの応援だったりとか、本当にすごくたくさんの方が応援してくださっていて、最後まであきらめずにできたので、すっごく最後まで楽しかったです。

ー勝てたポイントは

水谷:3ゲーム目、0-2になったとき本当に流れが悪くて、でも3ゲーム目を取れたことによって、それから僕らのチームに流れが来ました。

ーこれは大きなメダルになると思います、この後(の意気込み)は

伊藤:本当にすごく楽しくミックスダブルスを終えられたので、明日のシングルスにきっちり切り替えて、備えたいと思います。

【東京オリンピック】
<混合ダブルス決勝>
水谷隼/伊藤美誠 4-3 許キン/劉詩ブン(中国)
5-11/7-11/11-8/11-9/11-9/6-11/11-6

drow_r16_xd_f.jpg

混合ダブルスドロー

東京2020 卓球競技 各種目日程

■東京2020 出場チーム・出場選手・ドロー

SHARE

このページを友達にシェアしよう!