×

石川佳純 日本勢8強一番乗り!水谷・伊藤の混合金に「最高の試合をしてくれて、本当に刺激になりました」【五輪卓球】

2021.07.27
SHARE
記事をシェア
2021.07.27

石川佳純 Photo:Itaru Chiba

東京オリンピック卓球競技<7月24日~8月6日>4日目の7月27日に女子シングルス4回戦が行なわれた。

五輪シード選手の鬼門と言われるシングルス初戦を苦しみながらも乗り切った石川佳純(第5シード/全農)が、オーストリアのポルカノバ(第10シード)を4-0のストレートで破り、準々決勝進出。日本勢シングルス8強一番乗りを決めた。

第1ゲーム、相手に十分な形で打たせないように台上プレーから丁寧に組み立てる石川。そこから先に攻めて得点し、攻められても十分な体勢で打たせずにカウンターではね返して11-8で先制する。

2ゲーム目、足を動かしながら得意のフォアドライブを連発。7-1まで一気に抜け出すが、長いラリーでポルカノバが10-8まで肉薄。しかし最後はフォアクロスにドライブ一閃で11-8とここも取る。

CHI_4033.JPG

石川佳純 Photo:Itaru Chiba


ポルカノバは第3ゲーム、女子としては珍しいYGサーブを出すなど打開。両サイドをいっぱいに使ったラリーも演出して食い下がる。しかし10-10から十八番のフォアドライブを2本決めて12-10で3ゲーム連取する。

第4ゲームはポルカノバに5-7とリードされるが、ここからミドルを徹底して突いた石川がすぐ8-7と逆転。最後はラッキーなネットインで11-9と逃げ切り、ストレートで沈めて見せた。

試合後のインタビューで石川は「昨日と今日2回勝ててすごくうれしいですし、自信もつきました」と話し、昨日の水谷隼・伊藤美誠ペアの混合ダブルス金メダルについて問われると「本当に昨日は最高の試合をしてくれて、ずっと応援していたんですけど、平野美宇ちゃんと。本当に刺激になりましたし、私たちも続けるようにがんばっていきたいと思います」とコメントした。

【東京オリンピック】
<女子シングルス4回戦>
石川佳純 4ー0 ポルカノバ(オーストリア)
11-8/11-8/12-10/11-9

ws_draw.jpg

東京2020 卓球競技 各種目日程

■東京2020 出場チーム・出場選手・ドロー

SHARE

このページを友達にシェアしよう!