×

伊藤美誠 日本女子シングルス史上初の銅メダルも「正直悔しい」混合に続き2つ目のメダル【五輪卓球】

2021.07.29
SHARE
記事をシェア
2021.07.29

伊藤美誠 Photo:Itaru Chiba

東京オリンピック卓球競技<7月24日~8月6日> 6日目の7月29日、女子シングルス3位決定戦で伊藤美誠(第3シード/スターツ)が、ユー・モンユー(第26シード/シンガポール)をゲームカウント4-1で下し、日本女子で初の五輪シングルス銅メダルを獲得した。

ユーはリオ五輪では団体でベスト4に入り、2018年のアジア競技大会の銅メダリストとなった選手で、今大会は準々決勝で石川佳純(全農)を破っている。

過去の戦績では伊藤の7勝1敗と大きく勝ち越す。ユーは準決勝で左のふとももを傷めたとの報道があったが、メダルを確保するためにも勝ちに行きたい試合だった。

しかし第1ゲームはユーが怪我の影響を感じさせない立ち回りで、サーブやラリーでバックを攻めつつ、空いたフォアを突く。伊藤は6-11で先取される。

ユーは2ゲーム目もバックへの長短のサーブで伊藤の出鼻をくじく。だが伊藤もアップダウン系のサーブでエースを取り、8-8の場面ではユーのロングサーブを読んで回り込みスマッシュを決め、そのまま11-8で取り返す。

CHI_9859.JPG

シンガポール代表 ユー・モンユー

ゲームカウント1-1で迎えた第3ゲーム。東京五輪を最後に代表引退の可能性があるユーがまた躍動し、切れたツッツキや十分な体勢をつくってのドライブで5-7とされる。しかしここから伊藤がサーブレシーブを武器に、一気の6連続得点で11-7で奪う。

出足ではじめて伊藤らしいリズムが生まれたのが4ゲーム目。チキータとカウンターで押し、浮いた球は強打で仕留めて7-3とする。だがしぶとく返球するユーを前にやがてミスが出て8-7と一点差に迫られ、伊藤が自らタイムアウト。

伊藤は次でフォアサイドに切れるサーブでエースを取り、レシーブでもユーのバックいっぱいを狙って得点。そのまま11-7で奪取する。

メダルまであと1つの第5ゲーム。ユーのボールに対応してきた伊藤が速攻で押し込む。7-2から2点返されたあとも鮮烈なカウンターで逆転の流れを止め、最後はサービスエースで11-6にして取り、銅メダルをもぎ取った。

ロンドンで石川佳純、リオでは福原愛が跳ね返された3位決定戦の壁。それをついに伊藤が突き破り、日本卓球史に残る五輪シングルス銅メダルを獲得した。

伊藤 試合後コメント

ー届きました、メダルです

伊藤:すごく勝てたことはうれしいんですけど、正直悔しい気持ちのほうが大きいかなと思います。

ーやはり前の戦いが尾を引いたということでしょうか

伊藤:そうですね。実際今日まず勝てたことは一番だと思うんですけど、3位決定戦のときも、サーブレシーブはすごくよくなったと思います。ただやっぱり、全体がよくなった状態で試合に臨めなかったので、そこはちょっと悔しい気持ちです。

ー日本中がここまでのがんばりを称えていると思います

伊藤:すごい、負けたあともたくさん励ましてもらって、すごく皆さん明るく接してくれて、実際気持ちを切り替えることは早くできたんですけど、正直勝っても準決勝の悔しい気持ちと、自分がうまく行かなかった気持ちがちょっと残っています。

ーその涙は悔し涙でしょうか

伊藤:はい、悔し涙です。

ーその悔し涙を、次はぜひうれし涙に変えてください

伊藤:ありがとうございます。

【東京オリンピック】
<女子シングルス3位決定戦>
伊藤美誠 4-1 ユー・モンユー(シンガポール)
6-11/11-8/11-7/11-7/11-6

CHI_0181.JPG

伊藤美誠 Photo:Itaru Chiba

ws_draw.jpg

東京2020 卓球競技 各種目日程

■東京2020 出場チーム・出場選手・ドロー

SHARE

このページを友達にシェアしよう!