×
×
×

張本智和 引退表明の水谷説得も「水谷さんの意志は固い。その意見を尊重したい」【五輪卓球】

2021.08.10
SHARE
記事をシェア
2021.08.10

張本智和 写真:アフロスポーツ

8月7日(土)に卓球日本代表の張本智和選手、丹羽孝希選手、水谷隼選手、伊藤美誠選手、石川佳純選手、平野美宇選手の6名が合同記者会見を行った。

金メダル:混合ダブルス(水谷隼・伊藤美誠)
銀メダル:女子団体(伊藤美誠・石川佳純・平野美宇)
銅メダル:男子団体(張本智和・丹羽孝希・水谷隼)/女子シングルス(伊藤美誠)


■張本智和 メダル獲得記者会見コメント


ーーメダルを獲得した感想をお願いします

シングルスで負けてしまった思いを団体戦にぶつけて初めてのメダルを獲得することができて、本当に嬉しいです

水谷隼 金メダル締め「完全に卓球から離れると思います。自分の冒険はここまでかな」


ーー男子団体3位決定戦から一夜明けての気持ちを教えてください

僕も昨日水谷さんと一緒に行動していて本当に忙しくて実感はなかったんですけど、今日午前中にテレビに出させて頂いた時に画面越しにメダルをぶら下げている自分を見て「あー、メダリストになったんだな」という実感が少し湧いてきたので、今はとても嬉しい気持ちです。


ーーこの大会を通して学んだこと、これからの課題を教えてください

水谷選手のプレーを間近で見させて頂いて、自分も水谷選手も多分同じ怖さはあると思うんですけど、その怖さに向き合って打ち勝つことができるのが水谷選手で、自分にはまだ逃げてしまうところがあるなと感じました。

怖さはみんなが感じる中で、次のオリンピックでは怖さと向き合って個人戦から勝てるようにしたいです。そういうことを団体戦で学びました


ーー張本選手は水谷選手の引退拒否していましたが

昨日の試合後から午後に一緒に選手村に行ったり表彰式前に話をしたり、一日かけて自分なりに説得してみたんですけど、やっぱり水谷さんの意志は固いです。

それぐらいの覚悟を持ったからこそ今回の金メダルや団体の最後も決めてくれたりということがきっとあったと思うので、水谷さんのことは水谷さん自身で決めて頂いて、もう自分は拒否はしないですしその意見を尊重したいと思います。

■東京2020 卓球競技 各種目日程

■東京2020 出場チーム・出場選手・ドロー

SHARE

このページを友達にシェアしよう!