スタジオお宝データ 2018年1月9日放送

名前
力道山のガウン
鑑定依頼人
アントニオ猪木さん
ジャンル
格闘技
鑑定士
泉高志
本人評価額
¥ 3,000,000
エピソード
1943年横浜市の生まれ。13歳のとき親戚と共にブラジルに渡り、少年時代を過ごした。地元の砲丸投げの大会で優勝したところ、その姿がブラジル遠征中だった力道山の目にとまり1960年日本プロレスに入団。1972年新日本プロレスを旗揚げすると、レスリングの技術と力道山流のケンカに近い凄みを見せるスタイルを融合させた。その後数々の世界王座を獲得。「プロレスこそ全ての格闘技の頂点である」との信念を証明するため、空手家ウィリー・ウィリアムスやボクシングのモハメド・アリらと対戦し世間をアッと驚かせた。
鑑定額
¥ 4,000,000

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。
※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです

力道山本人のために作られたガウンに間違いない。着物をロングガウンに使い出したのは力道山から。大相撲出身の力道山が化粧廻しの感覚を取り入れたものと考えられる。化粧回しが十両以上の関取になって初めて許されるのと同じように、プロレスではロングガウンを着て入場するのは一流日本人レスラーの証。作ったのは岐阜の呉服店・丸万。おそらく岐阜のプロモーターが特注し力道山に提供したものだろう。大きく三菱のロゴマークが入っている。三菱がスポンサーになったのはルー・テーズ戦直前の1957年7月からなので、このガウンは1957年から、力道山が亡くなる1963年の6年の間に作られた。どこかで使用した可能性は高いと思われるが、現時点では確認できていない。もし使用が客観的に証明できれば500万円以上。

Open The Price

この日の放送で紹介したお宝 2018年1月9日放送

2018年1月9日

2018年、番組最初のゲストは、アントニオ猪木!格闘技界の歴史に残るお宝を持参する!
▽借金のカタに受け取った牛の像は旧家に長年あったもの。どれ位価値があるの?
【ゲスト】アントニオ猪木

ページトップへ

同じジャンルのお宝

ページトップへ

開運データベース ~お宝や鑑定士を検索できます!~

  • 前回の放送
  • 新着順で探す
  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す
  • 鑑定額ランキング

ページトップへ