カンブリア宮殿

村上龍×経済人

毎週木曜日1000分 ~1054

テレビ東京系にて放送中

バックナンバー

20171012日 放送

行列のできる地方銘菓スペシャル②
老舗菓子店が挑む常識破りのベンチャー魂

  • 桔梗屋 4代目・相談役 (なかまる しんじ)

日本の土産菓子市場は、約2兆5千億円。毎年、数えきれない程の新商品が世に出ては、消えていく。そんな業界で、約50年も売れ続けるロングセラー商品が「桔梗信玄餅」だ。きな粉餅に黒蜜をかけて味わう山梨県の名菓。その製造・販売を手掛けるのは山梨県に本社を構える桔梗屋。明治22年創業の老舗菓子店。桔梗屋は菓子の製造だけでなく、飲食店の運営や、ホテル、テーマパーク、ブライダル、さらに自社農園まで持つ等、幅広い事業を展開。ベンチャー精神で、常に挑戦し続ける老舗和菓子店のサバイバル経営術に迫る。

  • カンブリア宮殿 放送を見逃した方はこちら テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

社長の金言

  • 「自分が楽しめる」ことを ビジネスに
  • RYU’S EYE

  • 座右の銘

放送内容詳細

客を喜ばせる老舗和菓子の挑戦!

山梨県笛吹市にある桔梗屋の工場は年間160万人の客が集う観光スポット。早朝から大行列ができる桔梗信玄餅の詰め放題や、信玄餅の全工程を見られる工場見学、さらに商品の包装体験など、客を楽しませる仕掛けを多数用意。桔梗屋は、土産物の定番、桔梗信玄餅以外にも、黒蜜をかけるプリンや餅の入ったロールケーキ等、常に新しい菓子を開発し続け、客の話題をさらう。

老舗菓子店の伝統と革新

明治22年に創業した老舗菓子店「桔梗屋」。相談役の中丸はその4代目として、昭和24年に生まれる。大学でマーケティングを学んできた中丸は、企業が生き残るには常識にとらわれないベンチャー精神が大切なことに気付く。今、中丸が手掛けているのは、年間2億円の赤字を抱えていた施設、山梨県立フラワーセンターの再生。中丸はその施設を、宿泊もできる「ハイジの村」というテーマパークして、立て直しを図っている。

山梨県のために尽くす

果実王国・山梨。しかし農家の高齢化や跡取り問題などで耕作放棄地が増加。桔梗屋はその土地を借り、自社農業として活用。収穫した野菜は自社のレストランで提供するなど山梨県の産業振興に取り組む。さらに地元農家のため、果実を大量に購入。その果実で山梨を代表する新たな菓子作りに挑んでいる。

ゲストプロフィール

中丸 眞治

  • 1949年山梨県甲府市生まれ
  • 1968年両親と「桔梗信玄餅」を開発
  • 1972年大学卒業後、桔梗屋に入社
  • 1995年社長就任
  • 2010年相談役となる

企業プロフィール

  • 本 社:山梨県笛吹市
  • 創 業:1889年(明治22年)
  • 設 立:1953年(昭和28年)
  • 年 商:92億円(グループ合算)
  • 従業員数:930人(グループ合算)
  • 事業内容:和洋菓子の製造販売

村上龍の編集後記

「成功の秘訣」などないんだなとつくづくそう思う。商品もサービスも細かく多様化して、しかもモノは余っている。どんな商品を、どう売ればいいか、共通する答はない。中丸氏は、マーケティングを深く学んでいるが「市場調査」を重要視しない。「自分が面白いと思うかどうかだ」そう言いきる。だが「面白いアイデア」は、どこかに転がっているわけではない。考え抜いた末に、あるときふいに意識の底から泡のように浮かんでくる。さえない響きのある「地方の中小企業」という言葉、桔梗屋は、そのイメージを一新した。

村上龍の編集後記画像

放送を見逃した方はこちらテレビ東京 ビジネス オンデマンド

バックナンバー

社長の金言

  • 人を動かすなら “振り子”を振り切れ

    サミット 社長竹野 浩樹

  • 大胆に 常に最新の技術を 取り入れる

    村上農園 社長村上 清貴

  • 「一番に・・・」にこだわって マネはしない

    ふなばしアンデルセン公園 園長細谷 順子

カンブリア宮殿 放送を見逃したなら テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料 月額500円+税でテレビ東京の人気経済番組が見放題!!詳しくはこちら

ご注意下さい

最近、「カンブリア宮殿」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「カンブリア宮殿」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。

カンブリア宮殿公式アカウントはこちら