カンブリア宮殿

村上龍×経済人

毎週木曜日1000分 ~1054

テレビ東京系にて放送中

バックナンバー

2018719日 放送

観光新時代スペシャル!進化する富士山観光&人気の安くて自由な旅

  • 富士急行 社長 (ほりうち こういちろう)
  • 旅籠屋 社長 (かい まこと)

夏休み直前スペシャル!富士山観光のプロ「富士急行」と、安くて自由な旅を提案する「旅籠屋」が登場。多くの観光客が訪れる富士山エリアの観光開発を100年続けてきた富士急行。富士山を楽しむために、あらゆる演出をしている。何度行っても楽しめる富士山観光の戦略に迫る。一方、「旅籠屋」は、自由な旅を楽しんでほしいと全国各地のロードサイドに他にはないホテルを展開。家族4人で1万円からと価格も安くて、リピーターが続出している。

  • カンブリア宮殿 放送を見逃した方はこちら テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

社長の金言

  • 富士山新プロジェクトで 日本の観光を変える
  • 自由は 正々堂々と手に入れる
  • RYU’S EYE

  • RYU’S EYE


  • 座右の銘

  • 座右の銘

放送内容詳細

日本一の山を世界に拓くプロ 富士急行のエンターテインメント力

世界遺産となった富士山には、国内外から観光客が多く訪れる。山梨県内の大月駅から走る富士急行、毎日多くの観光客が利用する。富士山に一番近い鉄道の車窓からは、富士山が見え、絶景列車として人気なのだ。また、途中下車した観光客が向かった先には真っ赤な五重の塔があり、富士山と一緒に写真におさめるのが大人気となっている。
そして富士急といえばここ、年間220万人が訪れる富士急ハイランド。「フジヤマ」「ド・ドドンパ」などの不思議なネーミングの絶叫マシーンが有名だが、実は、ここからも富士山の絶景を望めるのだ。絶叫マシーンを次々と投入しているのが社長の堀内光一郎。幼少期からジェットコースターの英才教育を受けた堀内が仕掛ける観光戦略とは。

霊峰・富士山を身近な世界的に観光地に!

『富士を世界に拓く』を創業精神として、運輸事業からレジャー・サービス事業、不動産など幅広い事業を展開する「富士山の伝道師」富士急行。富士の原野を1920 年代から開発。富士の荒野に1 本のレールを敷くことから始めた。今でこそ富士山と富士五湖は世界的観光地として脚光を浴びているが、富士急行が創業した大正末期は、富士山はまだ遠くから仰ぎ見る霊峰であり、富士五湖や山麓の景勝を知る人は稀だった。
麓に到達するにも大変な時代に「富士を世界に拓く」の精神を持って1926 年に創業した。
その後も進化の歩みを止めない富士急。絶叫マシーンと真逆で、3世代でも楽しめるリサとガスパールタウンや、ふじやま温泉、フジヤマミュージアムなどを展開するほか、さらに、手軽にホテルのような感覚でキャンプが楽しめる「グランピング」の施設もオープン。新たな富士山観光を切り拓き続けている。

日本唯一“アメリカ式モーテル”チェーン

賑わう高速のサービスエリアの隣に1軒の宿がある。ファミリーロッジ『旅籠屋』だ。家族4人で1泊1万円からと安いうえ、サービスも最小限なことから気軽で自由な旅ができると人気になっている。そんな旅籠屋のモデルは、アメリカの映画にもたびたび登場するロードサイドにある「モーテル」だ。全国65店舗になった旅籠屋は、観光地から車で45分以内のロードサイドや高速のサービスエリアの中にある。全国の旅籠屋を回って旅行を楽しむ“旅籠屋ファン”も増えている。長野県の宿に泊まっていた60代の夫婦も、年に3-4回、まるで別荘のように各地の旅籠屋を利用し、自由な旅を満喫している。一般的なホテルのリピート率が30%なのに対し、旅籠屋のリピート率は60%以上。人気の秘密に迫る。

乗り越えた規制の壁  地方の町おこしの切り札に

アメリカのモーテルに泊まりその自由さに感銘を受けた甲斐は、アメリカ式モーテルを日本で始めたいと考えた。規制の壁にぶつかり、自治体の担当者からは「ラブホテルでしょ」ととんでもないレッテルを貼られる。ここから、各自治体と交渉を繰り返し、建物を改良するなどして逆境を乗り越え、全国65店舗にまで拡大した。そして、これまでに撤退した店舗はない。赤字でもその地域のために必要ならば撤退しないと決めているのだ。
素泊まりの旅籠屋では、客は周辺の店で食事をしたり、買い物をしたりする。甲斐は、そのため旅籠屋が出店することは地域にもメリットがあるという。こうしたことが地方の町おこしにつながるのではないかと、今度は甲斐のもとに自治体関係者が出店のお願いに来るようになったのだ。
岡山県井原市に65軒目の旅籠屋がオープン。とくに観光地もない場所で採算が取れるのだろうかと思われるが、甲斐は“旅籠屋ファン”が予約して来ると自信を見せる。

ゲストプロフィール

堀内 光一郎

  • 1983年株式会社日本長期信用銀行
    (現株式会社新生銀行)入行
  • 1988年3月 富士急行株式会社 入社
  • 1989年9月 同社代表取締役社長 就任

富士急行 プロフィール

  • 本 社:山梨県富士吉田市新西原5-2-1
  • 年 商:[単体] 275億5000万円
    [グループ全体] 508億8000万円
  • 従業員:[単体] 584名(2017年3月現在)
    [グループ全体] 3495名(2017年3月現在)
ゲストプロフィール

甲斐 真

  • 1952年福岡県北九州市生まれ
  • 1978年住宅メーカー「日本ホームズ」入社
  • 1994年旅籠屋を設立

旅籠屋 プロフィール

  • 本 社:東京都台東区寿3-3-4 旅籠屋ビル
  • 年 商:約20億円(2017年度)
  • 従業員:210名(2018年4月現在)

村上龍の編集後記

富士山は、日本一の観光資源だろう。しかし「富士急行」は、富士山に依存していない。施設開発では、木を切らないで、逆に植え続けたことで、価値を付加した。絶叫マシーンは、不思議なくらい富士山にフィットた風景を作り出す。「旅籠屋」は、アメリカのモーテルをモデルに、旅館業法の規制に怯むことなく「自由な旅」を提案してきた。「気兼ねなく、好きなときに、好きなところへ」自由は、多くの人に受け入れられた。観光は、時代によって変化する。より重要なのは、単なる対応ではなく、変化を「生みだす」ことだ。

村上龍の編集後記画像

放送を見逃した方はこちらテレビ東京 ビジネス オンデマンド

バックナンバー

社長の金言

  • 商品にブランドを語らせて 競争する

    デサント 社長石本 雅敏

  • 他より3倍高くても そこに価値があれば売れる

    七洋製作所内山 素行

カンブリア宮殿 放送を見逃したなら テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料 月額500円+税でテレビ東京の人気経済番組が見放題!!詳しくはこちら

ご注意下さい

最近、「カンブリア宮殿」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「カンブリア宮殿」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。

カンブリア宮殿公式アカウントはこちら