カンブリア宮殿

村上龍×経済人

毎週木曜日1000分 ~1054

テレビ東京系にて放送中

バックナンバー

2018126日 放送

大躍進!ららぽーと&都市開発 デベロッパー王者の飽くなき挑戦!

  • 三井不動産 代表取締役社長 (こもだ まさのぶ)

1981年、国内初のアメリカ式ショッピングセンターを開業し、現在14店舗を展開する "ららぽーと"。
客を飽きさせない店舗展開で業績を伸ばす。そんな"ららぽーと"を仕掛けたのは、不動産業界のトップを走る三井不動産。"ららぽーと"の強さの秘密には"小売業"ではなく"デベロッパーの三井不動産"だからこそできる『街づくり』と、常にチャレンジする商人魂"越後屋"のDNAがある。躍進を続ける"ららぽーと"の独自戦略と、三井不動産の独創的な都市開発の全貌に迫る!

  • カンブリア宮殿 放送を見逃した方はこちら テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら
  • RYU’S EYE

  • 座右の銘

放送内容詳細

発展を続けるららぽーと、人気の裏側

今年9月“ららぽーと名古屋”が開業。全217店舗のうち、愛知県初出店のショップは、49店舗で、オープン初日から大行列。客の目当ては食事、買い物、そして一日時間を楽しく過ごせる施設の充実にある。集客力の高い“ららぽーと”の裏には、小売業の常識に挑み続ける三井不動産の戦略があった。ららぽーとの強さの秘密は、三世代が楽しめる幅広いジャンルの店作りや、客のニーズを睨んだテナントの入れ替え、またマンションの併設などがある。ららぽーとが出来ることで、町全体に活気が生まれていく。来秋には静岡県沼津に新たな“ららぽーと”をオープン予定。地域密着型のショッピングセンター作りに密着した。

“不動産の三井”に流れる“商売人”のDNA

三井不動産の起源は、1637年、東京日本橋に三井高利が創業した『越後屋』にまで遡る。時を経て、財閥・三井は不動産部門を分離し、1941年に三井不動産が設立。以降、日本初の革新的な事業に取り組んできた。例えば、日本初の超高層ビル『霞が関ビルディング』や日本初の高層マンション、さらに日本初のアウトレットモールなどを手掛けたのも三井不動産だ。また東京ミッドタウンなど、集客力のあるビルの開発にも力を注ぐ。そして今、“残しながら、蘇らせながら、作っていく”を合言葉に、三井不動産は日本橋の再生に向け動き出す。

未来型都市、三井流スマートシティ

三井不動産は街そのものの開発にも着手。それが、東京秋葉原からつくばエクスプレスで30分ほどの場所に位置する、千葉の『柏の葉スマートシティ』。公・民・学の協力の元、駅前に立つ“ららぽーと柏の葉”を中心に高層マンションの建設やオフィス・大学の誘致などを行い、未来型の街づくりを目指す。太陽光パネルを利用したエネルギーの活用をはじめ、不動産の枠を超えた事業を手掛けている。デベロッパーの王者として、三井不動産の飽くなき挑戦は続く。

ゲストプロフィール

菰田 正信

  • 1954年東京都大田区田園調布出身
    東京大学法学部卒業
  • 1978年三井不動産 入社
  • 2009年常務取締役 就任
  • 2010年専務取締役 就任
  • 2011年代表取締役社長 就任

企業プロフィール

  • 創 業:1941年 三井合同会社の不動産部門を分離し三井不動産(株)として設立
  • 本 社:東京都中央区日本橋室町
  • 売上高:約1兆7500億円(2017年)
  • 従業員数:約1万7000人

村上龍の編集後記

挑戦し続ける、アグレッシブな巨大企業。沿革には、「日本初の」という言葉が並ぶ。最初に「ららぽーと」を開発したとき、リスクが大きいという指摘もあった。だが、リスクのないチャレンジというのは存在しない。リスクへの自覚があるから、リサーチを含む準備を万全に近づける。成功後も、「ららぽーと」には、人材・資源が投入され、集積されることで、強力なブランドとなった。しかし巨大企業・組織が、挑戦者であり続けることは簡単ではない。「我々には満足という概念がない」という周知の徹底だけが、大企業病を免れる。

村上龍の編集後記画像

放送を見逃した方はこちらテレビ東京 ビジネス オンデマンド

バックナンバー

社長の金言

  • 永続に必要なのは 規模ではなく“苦労人”

    ヤタローグループ 代表中村 伸宏

  • 「志」を忘れると 崩壊のリスクは高まる

    テルモ 社長佐藤 慎次郎

  • 大きくなることを捨て 地域の役に立ち続ける

    サンキュードラッグ 社長平野 健二

カンブリア宮殿 放送を見逃したなら テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料 月額500円+税でテレビ東京の人気経済番組が見放題!!詳しくはこちら

ご注意下さい

最近、「カンブリア宮殿」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「カンブリア宮殿」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。

カンブリア宮殿公式アカウントはこちら