カンブリア宮殿

村上龍×経済人

毎週木曜日1000分 ~1054

テレビ東京系にて放送中

バックナンバー

2019418日 放送

京都の老舗 茶筒の生き残り術

  • 開化堂 6代目 (やぎ たかひろ)

創業140年、京都の老舗がつくる"茶筒"が注目を浴びている。
手づくりで、しかも創業当時とほとんど変わらない製法だという。
手間のかかった、その茶筒はデパートで実演販売すると1日50個以上売れる。
一時は廃業を覚悟した茶筒の老舗が心機一転、海外に飛び出し大絶賛され復活、いまや京都で人気のカフェを経営、大手電機メーカーと組んで茶筒のスピーカーまで作っていた。

  • カンブリア宮殿 放送を見逃した方はこちら テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

社長の金言

  • 今と同じ事を 100年後も続ける
  • 戻る場所があるから ジャンプできる
  • RYU’S EYE

  • 座右の銘

放送内容詳細

京都140年伝統の技 開化堂の茶筒

いま京都の老舗・開化堂の茶筒が注目を浴びている。1個1万円以上にも関わらず、デパートで実演販売すると50個以上売れるという。蓋をのせるだけで、ピタッと閉じるすごい技術にみんな驚いていた。創業1875年、日本で初めて金属製の茶筒を作ったといわれる開化堂だが、その茶筒はすべて職人による手作り、しかも創業当時と同じ作り方だ。シンプルに見えるが、工程は130以上ある。さらに茶筒だけにとどまらず、パナソニックと共同開発して茶筒型のスピーカーまで作っていた。

開化堂茶筒 激動の歴史

開化堂の創業は明治初期、イギリスから輸入され始めたブリキを使って、丸い茶筒を作り出す。しかし高度成長期、機械化による大量生産・大量消費が進む中で手作りにこだわり続け、いつしか時代の波に取り残されていく。父である5代目・八木聖二氏は「こんな仕事あかんようになる。サラリーマンになれ」と言った。しかし6代目の隆裕は、海外での可能性に気づきロンドンやフランスに渡り実演販売、海外で認められるようになる。さらにはロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館に永久収蔵されるまでになっていた。

伝統工芸の跡継ぎたちが挑戦

伝統工芸の先行きに不安を感じるのは開化堂・八木だけではなかった。西陣織12代目や朝日焼16代目など、京都・伝統工芸の若き跡継ぎたち6人が生き残りのためユニットを組んでいた。その名はGO ON(ゴーオン)。互いに協力して、世界のマーケットに向けた新しい商品づくりに動き出していた。

ゲストプロフィール

八木 隆裕

  • 1974年京都府京都市生まれ
  • 1997年京都産業大学外国語学部卒業
  • 2017年社長に就任

企業プロフィール

  • 本 社:京都市下京区梅湊町84-1
  • 創 業:1875年(明治8年)
  • 従業員数:12名

村上龍の編集後記

茶筒には130以上の工程があるらしいが、サイトには8工程しか紹介されていなかった。確かめようと、比較的シンプルだと思われる「磨く」を選んだ。八木さんの説明はていねいだったが、理解するのに時間がかかった。「磨く」だけで、これほど複雑で繊細なのかと愕然となった。開化堂には、新製品もあり、海外でも広く事業を展開している。だが八木さんは、工房で茶筒と向き合うときがもっとも心が落ち着き、いまだ、探求の途上だという。茶筒の佇まいはアートだが、込められているのは「工芸家としての自負と誇り」なのだ。

村上龍の編集後記画像

放送を見逃した方はこちらテレビ東京 ビジネス オンデマンド

バックナンバー

社長の金言

  • 全てのヒントと答えは 現場にある

    田園プラザ川場  社長永井 彰一

  • 「できない」とは 一切言わない

    天童木工  社長加藤 昌宏

  • 失敗を恐れず 挑戦できるムードが必要

    キッコーマン 名誉会長茂木 友三郎

  • 過去の積み重ねに 次世代の種はある

    オーダースーツSADA 社長佐田 展隆

カンブリア宮殿 放送を見逃したなら テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料 月額500円+税でテレビ東京の人気経済番組が見放題!!詳しくはこちら

ご注意下さい

最近、「カンブリア宮殿」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「カンブリア宮殿」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。

カンブリア宮殿公式アカウントはこちら