オリンピックに関する放送局の【偽サイト】が確認されています。アクセスされますと被害を受ける恐れがありますのでご注意ください。

開運!なんでも鑑定団

毎週火曜 夜854分放送 BSテレ東 毎週木曜日夜7時55分放送

  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す

2020年1月7日放送

西郷隆盛の書状と愛用の書道具

鑑定依頼人大上貴之さん
鑑定士 田中大
ジャンル 古文書
本人評価額¥ 1,000,000
エピソードもともとは解体業者だったが、年々遺品整理の需要が高まっているのを感じ、数年前、独立し遺品整理専門の仕事を始めた。お宝は、幕末の志士が愛用したすごいお宝。この仕事を始めた頃、お世話になった知人から「ご主人が遺した大量の品々の整理に困っている老婦人がいるので、助けてあげて欲しい」と言われ、無償で家一軒分の遺品を片付けてあげた。すると、その婦人が「お世話になったお礼に差し上げます」と言って、このお宝を手渡してくれた。
シェアする

鑑定士総評

手紙は直筆で間違いないが愛加那に宛てたものではない。西郷は1862年、島津久光の怒りを買って流され、徳之島から沖永良部島に行く。依頼品は徳之島に行く時に愛加那の兄、富謙に宛てた手紙。明治13年に西郷菊次郎が奄美に戻り隆盛の遺品を持ち帰った。おそらくその時にこの手紙や筆、硯を持ち帰ったと推察される。箱書きに西郷隆治とある。隆治は菊次郎の次男。この手紙は大正14年に発見されたが、その後行方がわかっていなかった。約100年ぶりに出てきた。

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。 ※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです。

同じ日に放送された他のお宝2020年1月7日

同じジャンルのお宝

鑑定依頼 観覧希望
お宝鑑定に挑戦
ページトップに戻る

おすすめサイト