オリンピックに関する放送局の【偽サイト】が確認されています。アクセスされますと被害を受ける恐れがありますのでご注意ください。

開運!なんでも鑑定団

毎週火曜 夜854分放送 BSテレ東 毎週木曜日夜7時55分放送

  • 放送日で探す
  • ジャンルから探す
  • 鑑定士から探す

2020年1月7日放送

正岡子規の書簡

鑑定依頼人笠原楯生さん
鑑定士 東原武文
ジャンル 古文書
本人評価額¥ 1,000,000
エピソード健康のため、毎日2~3時間は散歩している。特に多摩川の土手沿いを歩くコースは、富士山が見えるのでお気に入り。お宝は60年程前、父が亡き友人の妻から「ぜひ持っていて欲しい」と言われ、譲り受けたもの。当時、父は大変感激し、中学生だった自分にも見せてくれた。以来、大事に保管してきたが、姉3人を含めみんな高齢になったので、もしもいいものなら売り払い、実家の改築費用に充てたい。
シェアする

鑑定士総評

本物。明治28年5月、子規が日清戦争の従軍から帰る途中に喀血し、療養のため須磨保護院に入院中に弟子の五百木良三に宛てた手紙。五百木が無事に帰国したことに安心している、一月ぐらいで回復するので松山に帰れるだろう事、当時新しい俳句運動があり、高浜虚子や河東碧梧桐によって大きな変革があった事、夏目漱石が明治28年に松山中学の教師になっており、会ったらどうかという事などが書かれている。後半に俳句が18句書かれている。これだけの量を書いた手紙は極めて珍しい。子規は字が綺麗なので鑑賞するという意味でも高く評価されている。

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。 ※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです。

同じ日に放送された他のお宝2020年1月7日

同じジャンルのお宝

鑑定依頼 観覧希望
お宝鑑定に挑戦
ページトップに戻る

おすすめサイト