開運!なんでも鑑定団

毎週火曜 夜8時54分放送 BSテレ東 毎週木曜日夜7時55分放送

2017年10月3日放送

中国の玉器

中国の玉器
鑑定依頼人 大和田美貴さん
鑑定士 勝見充男
ジャンル その他
本人評価額 ¥ 20,000,000
エピソード 二児の母。子育ての息抜きのため毎週祖父の家に遊びに来ている。子供の頃から祖父に可愛がってもらってもらい、この家に住んでいたこともあるのでとても落ち着く。お宝は骨董好きの祖父がとても大事にしているもの。40年程前、知り合いの骨董商から100万円で買ったもので、3ヶ月の月賦で支払ったと聞いている。その骨董商から「これは徳川吉宗が雍正帝から頂いた国宝級の品」と聞いたため、祖父はずっと大事に保管し、いずれ鑑定団に出したいと思っていたらしい。しかし一昨年大病を患い、最近は体が思うように動かなくなってしまった。そこで今回自分が代わりに出演し、名品と褒めてもらえば祖父が元気になってくれるのではないかと思っている。
OPEN THE PRICE

鑑定士総評

50年ぐらい前に中国で作られて時代付けしたもの。玉の質が良くない。名品といわれるものは、羊の油が溶けたような質感だが、依頼品は大理石のような硬い質感。全体的な彫りが荒い。蓬莱山というモチーフだが、バックのへこんでいる部分が触るとザラッとしている。これは電動式のグラインダーで作ったもの。雍正帝の時代では、木の箆に金剛砂という砂をつけて丁寧に研磨しながら彫っていく。だからなめらかになる。雍正帝が作らせたものであれば1億円では買えない。

※当番組の鑑定結果は独自の見解に基づいたものです。 ※サイトのデータは、2010年1月放送回からのものです。

シェアする

同じ日に放送された他のお宝2017年10月3日

放送日で探す

ジャンルから探す

鑑定士から探す

ジャンル