ストーリー

<< BACK  1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12

第12話「目黒区中目黒 ソーキそばとアグー豚の天然塩焼き」3月21日放送

「孤独のグルメ」第12話 「孤独のグルメ」第12話
「孤独のグルメ」第12話 「孤独のグルメ」第12話
「孤独のグルメ」第12話 「孤独のグルメ」第12話
「孤独のグルメ」第12話 「孤独のグルメ」第12話
「孤独のグルメ」第12話 「孤独のグルメ」第12話

井之頭五郎は新規の顧客、古着屋さんのオーナーを訪れるため、中目黒の駅に降り立った。
朝ご飯を食べる間がなかった五郎がお店を探していると、ベビーカーに赤ちゃん連れの、中目黒風の奥さまと出会う。
その後あわてて食事をし、時間通りに古着屋さんに到着すると、そこには少女のような店員さん、と思いきや
「オーナーは私です」
「こんな可愛くて若いオーナーとは」五郎は驚くも、日本の明るい未来にほっとするのであった。
仕事を終え中目黒の街をぶらぶらしていると、お腹がすいてきた。
気になった路地を曲がると、串揚げ、沖縄料理、鯛飯、うなぎ・・・そこはいろいろな店がひしめき合っていた。
五郎は少し迷うが、沖縄料理の店を選び店内へ。そこではなんだか存在感のあるイケメン店長が待っていた。
まずはパイナップルジュースで体に南国の風を入れる。
続いてアグー豚の沖縄天然塩焼き、にんじんシリシリー、それとタコライスまで注文し満足していると、周囲はゴーヤチャンプルだの、沖縄やきそばだの、アグー豚のしゃぶすき鍋だの美味しそうに食べている。隣の席の客の食べる「ラフティー丼」は実に美味しそうで、ちょっと後悔する五郎だったが、自分の前にお料理が並ぶと、あまりの美味しさにすべて食べつくした。しかし・・・
「追加でソーキそばをください」
またやってしまった。注文しすぎた?でも満腹など忘れて沖縄に浸る五郎。
締めのデザートも外さない。ちんすこうの添えられたブルーシールアイスクリームで締めた。
「美味しいサー、また来るサ―」
明日のお昼のことなど考えながら中目黒を後にする五郎だった。

ゲスト/久本雅美 <主婦>、南沢奈央 <青山>、ダイアモンド☆ユカイ <店長>、久住昌之 <客>

PageTop▲

配信中!

テレビ東京「孤独のグルメ 大晦日スペシャル~瀬戸内出張編~」
テレビ東京「孤独のグルメ お正月スペシャル!~井之頭五郎の長い一日~」
孤独のグルメスペシャル!真夏の東北・宮城出張編
孤独のグルメ お正月スペシャル!真冬の北海道・旭川出張編
孤独のグルメ特別編!真夏の博多出張スペシャル
孤独のグルメ7
孤独のグルメ6
孤独のグルメ5
孤独のグルメ4
孤独のグルメ3
孤独のグルメ2
孤独のグルメ1
  • 孤独のグルメ グッズ