マルホの女

ストーリー Story

第3話

14年4月25日放送

大河銀行で強盗事件が発生する。大河銀行は強盗対策として無制限補償の「動産総合保険」に加入していたため、盗まれた2億9400万円は全額、保険金で補償されるはずだが、保険会社は支払いを渋る。銀行に大金が集まったタイミングで強盗に入られたことに疑惑があり、銀行内部の情報が流出した可能性が高いと考えられるからだ。
調査依頼を受けた奈津子(名取裕子)と亜希(麻生祐未)は、大河銀行の支店長・菊田宗雄(相島一之)や人質になった赤峰葵(黒川智花)ら現場に居合わせた行員達に話を聞き、資料を調べる。一方、防犯カメラに映っていた犯人の手首に特徴的なタトゥーがあることが判明。亜希はどこかの不良チームのマークだとにらみ、調べを進めると、不良チームのリーダー・吉岡優作(加治将樹)が少し前に銀行のロビーで働く地味な女性を連れていたことがわかる。
そして、廃工場で吉岡が死体で発見され…

ゲスト出演者

  • photo
    大河銀行案内係
    赤峰葵 役
    黒川智花
  • photo
    大河銀行目黒支店長
    菊田宗雄 役
    相島一之
  • photo
    不良チームのリーダー
    吉岡優作 役
    加治将樹
  • photo
    クラブのオーナー 役高杉亘


ページトップ