マルホの女

ストーリー Story

第8話

14年6月6日放送

警視庁の警視正・雉原隼人(戸田昌宏)は、ストーカー殺人事件の真相について今後一切他言しないように奈津子と亜希に告げる。奈津子は出された条件を飲む代わりに、夫・久喜孝明(日向勉)の殺害容疑をかけられたまま病院で眠っている親友の久喜早映子に関する事件の捜査資料を見たいと要求する。
捜査資料の中から、早映子が投資に失敗しファイナンシャルプランナーの角谷修二(萩野崇)ともめていたという新情報を得た奈津子は、角谷を訪ねる。早映子は以前、借金を埋める当てがあると角谷に話していたといい、その時期は、奈津子が早映子から「相談がある」と連絡をもらっていたころと重なっていた。金に無頓着だったはずの早映子が、なぜ多額の借金を作ってしまったのか?疑問を抱きながら早映子の自宅へ調査に行った2人は、壁に不自然な小さな穴を発見する。穴の奥には黒いしみが…。それは早映子や孝明のものではない第三者の血液だった!

ゲスト出演者

  • photo
    警視庁警視正
    雉原隼人 役
    戸田昌宏
  • photo
    警視庁警視長
    小野田岬彰 役
    佐戸井けん太
  • photo
    毎朝新聞記者
    堀田礼司 役
    宮川一朗太
  • photo
    ファイナンシャルプランナー
    角谷修二 役
    萩野崇


ページトップ