• さすらい署長風間昭平スペシャル 塩屋岬いわき殺人事件

1月24日(月)夜8時放送 さすらい署長風間昭平スペシャル 塩屋岬いわき殺人事件

さすらい署長風間昭平スペシャル 塩屋岬いわき殺人事件をParaviで見逃し配信中!

Paravi(パラビ)人気映画やドラマ、アニメバラエティなど新作から名作まで。動画配信サービスParavi(パラビ)

さすらい署長風間昭平スペシャル 塩屋岬いわき殺人事件をParaviで見逃し配信中!

北大路欣也主演の人気シリーズに中山優馬出演!
さらに足立梨花、勝野洋ら豪華キャスト続々登場!
「さすらい署長」第15弾放送決定!

全国各地を渡り歩き、特命の警察署長を務める風間昭平(北大路欣也)の新たな赴任先は福島県・いわき常磐警察署。西野賢一(中山優馬)や刑事課長の貴崎寛治(岡田浩暉)は反発感を露わにする。福島県警OBの倉持大(勝野洋)が宥めるが、その後もなぜか敵意むき出しで…。そんな折、小野久志(小倉一郎)の遺体が出る。状況から自殺とされるが、西野は小野が中年男に恫喝されている動画を入手。数日前に出会った風間は小野が自殺したと思えず、小野が経営していた旅館へ。途中で遭遇した倉持と地元旅館の女将・向井邦枝(堀内敬子)から小野が旅館再建のために室屋和宏(河相我聞)の投資会社に相談をしていたことを知る。さらに敷地内で小野の血痕を発見。他殺の線が濃厚になっていく――。その直後、小野を恫喝した男の死体が…。不可解な連続殺人に風間が捜査を進めると邦枝の旅館で働き、西野と恋人関係である宮本あかり(足立梨花)の存在が…。

出演者コメント

北大路欣也(風間昭平 役)
Q)久しぶりの「さすらい署長」ですが、意気込みや感想をお願いします。
この作品でシリーズ15本目になりますが、企画があがった後にコロナで何度も延期になりました。少し落ち着いた状況で実際に現場に来させていただき、思いやりや温かい雰囲気の中で撮影が開始できて、何よりも天候に恵まれたということは本当にありがたいことだと思いました。

Q)中山優馬さんと初共演されていかがでしたでしょうか。
鋭さと優しさと非常に幅の広い感受性のある方だなと思いました。役同士の会話なので厳しい時や楽しい時がありますが、監督との間での会話もそれぞれプラスにしながらお互いの役を作っていけたと思います。彼は非常に目が綺麗で目に惹きつけられました。出来上がりがとても楽しみです。

Q)足立梨花さんと共演されていかがでしたでしょうか。
共演は初めてですが、若い時にホリプロタレントスカウトキャラバンでご挨拶したことがあったようで、すごく自分らしさをもっていて女性の美しさと芯の強さを感じました。ある意味、事件のいちばん大切なところを支えてもらったという気がしますね。

Q)今回、震災から復興中の福島県での撮影はいかがでしたでしょうか。視聴者へのメッセージと合わせてお願いします。
福島の皆さんのぬくもりがこの作品の中にもたくさん出てくると思います。そこにさすらってくる風間昭平が触れ合っていろんなものを感じ、それを大きな財産にしてまた次の場所に彼は去っていくんですが、風間と同じような思いを僕は今回撮影をしていて日々感じました。皆さんの熱い情熱と生きる力がおひとりおひとりの中からも感じますし、街の建物も本当に美しく再現されて皆さんの思いで作られてできたんだなと思います。こんな中で撮影に協力していただいた皆さんには心から感謝します。ぜひオンエアを多くのファンの方に観ていただければこんな幸せなことはございません。ありがとうございました。

中山優馬(西野賢一 役)
Q)「さすらい署長」にご出演されて、意気込みや感想をお願いします。
全編、福島ロケだったので贅沢なロケだなぁと思いました。北大路さんの隣でずっと共に行動している役だったので、とてもありがたく楽しかったですね。

Q) 北大路欣也さんと共演されていかがでしたでしょうか。
僕たちの世代からすると伝説的な俳優さんのおひとりで、北大路さんが出演されている作品をたくさん観てきました。厳しくて寡黙というイメージがあったんですが、全然違いましたね。おおらかで紳士的で優しく、現場を引っ張っていってくださる方で、撮影の合間も昔の映画や現場の色んなお話をさせてもらって宝物のような時間でしたし、すごく勉強させていただきました。

Q) 足立梨花さんと共演されていかがでしたでしょうか。
足立さんとお芝居させていただくのは初めてだったんでが、今までテレビで観ていた通りの明るい女性ですごくやりやすくて楽しかったですね。年も近いこともあって話しやすく、撮影もスッと入っていけたので心地の良い女優さんでした。

Q)今回、震災から復興中の福島県での撮影はいかがでしたでしょうか。視聴者へのメッセージと合わせてお願いします。
全編福島で僕がロケをさせてもらった中でも、いろんなお店に協力していただき撮影以外の時間も福島の方に気軽に声をかけていただいて、とても温かい街だと思いました。復興から10年ほど経って、立ち上がっていく方々の力強さをこの街から感じました。強さと温かみが北大路さんのお芝居とマッチしていると思いますし、福島でしか撮れない画と空気感だったので視聴者の方にも楽しんでいただけると思います。

足立梨花(宮本あかり 役)
Q)「さすらい署長」にご出演されて、意気込みや感想をお願いします。
今回、重要な役をいただけたので皆さんに食らいつけるように頑張りました。地方の撮影でこんなにたくさんの日数を過ごすことが今までにあまりなかったので、皆さんのチームワークができている中に入るのは緊張しましたが、楽しく撮影させていただきました。

Q) 北大路欣也さんと共演されていかがでしたでしょうか。
北大路さんとお会いしたのは、ホリプロタレントスカウトキャラバンに受かってすぐにご挨拶した時以来なので14年ぶりくらいです。今回初めての共演でとても緊張しました。北大路さんはすごくチャーミングで優しくて、北大路さんがいるだけで撮影現場がパッと明るくなって「よし!みんなやるぞ」っていうやる気が起こり、とてもパワフルな方でした。すごく頼りがいがあり今回ご一緒できて本当によかったです。

Q) 中山優馬さんと共演されていかがでしたでしょうか。
今回共演は初めてだったのですが、いい意味ですごく変わった方だなと(笑)。マイペースで、でも行動力があって、それがまた面白いんです。毎回撮影のたびに「次はどこに行ったんですか?」と福島のいわき周辺のことを中山さんから色々聞いて教わるくらいの行動力ですごく楽しかったです。今回、仲が深い役柄だったので最初はどんな風に関係性を築いていこうか考えていたのですが、中山さんから優しく声をかけてくださいました。メイクさんから人見知りと聞いていたので、今回頑張ってくださっていたみたいですごくありがたかったです。年下に引っ張ってもらって申し訳ないなと思いながら、私たちならではの空気感を出せたと思います。とにかく優しい方で安心感がありました。

Q)今回、震災から復興中の福島県での撮影はいかがでしたでしょうか。視聴者へのメッセージと合わせてお願いします。
震災から福島県に来させていただく機会は何回かあったのですが、撮影で何日間もいたのは初めてでした。皆さん明るくて街で会う方々、現場でお世話になる方々皆さん優しくてすごく協力的で、素敵な方とたくさんお会いできました。ドラマを観た方に福島の自然と人の温かさに触れてほしいなと思いました。福島っていいところだなって改めて思ってもらえる作品になっているので、楽しみながら観ていただけると嬉しいです。

プロデューサーコメント

山鹿達也(テレビ東京 制作局ドラマ室)
コロナ禍の影響で撮影が延期になりましたが、こうして無事に撮影を終えて放送まで漕ぎつけられたのは嬉しく思うのと同時に、皆さんのご協力に感謝しています。
「さすらい署長」シリーズの魅力は、毎回、風間署長が訪れる地元の人たちと触れ合い、難事件を解決するだけでなく、その裏にある人間の業に迫る人間ドラマにあります。
震災から11年が経ち、福島県・いわき市と会津若松市で撮影を行いました。皆さん、とても優しく、温かい人たちばかりで、撮影で様々な協力をしていただき有難かったです。
今回、地元の若手刑事・西野を中山優馬さんが、時に風間署長とぶつかり合いながらも真摯に事件に向き合い成長する刑事役を好演されています。そして西野刑事と関係が深いあかり役には足立梨花さん。明るい陽気なキャラクターですが、胸の内には人に言えない闇を抱えている難しい役を熱演されています。
その他、大後寿々花さん、堀内敬子さん、岡田浩暉さん、横内正さん、勝野洋さんなど豪華な俳優陣にお集まりいただきました。震災の復興から「再出発」しようとする人々に迫る悪者たち・・・。人々を救うために、風間署長が卑劣な悪党を痛快に成敗します。ぜひ、自然豊かな福島県の風景と連続殺人事件の謎解きを楽しみにしつつ、風間署長の活躍に注目してください。よろしくお願いいたします。

番組概要

【原作】中津文彦「さすらい署長・風間昭平」シリーズ(光文社文庫刊)
【脚本】黒木久勝
【監督】本田隆一
【音楽】濱田貴司

【出演者】
北大路欣也、中山優馬、足立梨花、大後寿々花、岡田浩暉、吉本実憂、金井勇太、
小倉一郎、河相我聞、横内正、石倉三郎、堀内敬子、勝野洋 ほか

続きを読む

ラインナップ

バックナンバー

/pages
ページトップに戻る

おすすめ番組