混合団体 日本銀メダル フランスが初代王者に【五輪柔道】

柔道

2021.7.31

GettyImages-1331605180.jpg
混合団体 日本代表 Photo by Harry How/Getty Images

◆東京五輪 男女混合団体決勝 日本×フランス (31日・日本武道館)

31日東京五輪の柔道8日目は、1チーム男女6名による混合団体戦が行われ、日本は決勝でフランスに敗れ、銀メダルを獲得した。

日本は先鋒の新井千鶴(三井住友海上)がフランスのアグベニューとの金メダリスト対決を合わせ技一本で落とし黒星発進すると、続く90キロ級以下では向翔一郎(ALSOK)も延長戦の末敗れ、リードを許す展開。

それでも3戦目に78キロ超級金メダルの素根輝(パーク24)が合わせ技一本で日本が1勝2敗に。4戦目には100キロ級金メダルのウルフアロン(了徳寺大職)が100キロ超級でロンドン・リオ大会連覇のリネールに延長の末敗れ、日本はあとがなくなる。

続く芳田司(コマツ)も先にリードを許す苦しい展開のまま流れを引き戻すことができず。日本は1勝4敗でフランスに敗れた。

GettyImages-1331604455.jpg
混合団体 フランス代表 Photo by Harry How/Getty Images

日本は初戦となった準々決勝のドイツ戦で、阿部詩(パーク24)と大野将平(旭化成)がまさかの連敗。しかし続く4人が連勝し4―2の逆転で準決勝に進出。

ROCとの準決勝では、大野将平がわずか31秒で一本勝ちすると、新井千鶴(三井住友海上)が合わせ一本、向翔一郎(ALSOK)が指導3による反則勝ち、素根輝(パーク24)が背負投で一本勝ち。6人による団体戦のため、先に4勝した日本が決勝に進出した。

◆柔道男女混合団体
男女3人ずつの計6人。男子は73キロ以下、90キロ以下、90キロ超、女子は57キロ以下、70キロ以下、70キロ超。同じ階級の選手が対戦し、決着しない時にはゴールデンスコア(GS)方式の延長。引き分けはない。チームの勝敗が並んだ場合は、無作為に選ばれた階級が代表戦を行う。試合時間は4分。


【試合後インタビュー】

◆新井千鶴

「先鋒としていい流れを作らないといけなかったのですが、不甲斐ないです。日本チームにいい流れを作れなかったのでなんとも言えない気持ちです」

◆向翔一郎
「個人戦で思うような結果を残せなかったし、団体では少しでもみんなのために戦いたかったのですが、足を引っ張ってしまってみんなに申し訳ない気持ちです。もう少し我慢しなきゃいけなかったのかなと、チームの流れは変わったのかなって思います」

◆素根輝
「みんなで優勝目指していたので2位という結果で悔しいです」

◆ウルフアロン
「これから柔道を続けていく上で破らなきゃいけない壁でした。不甲斐ない結果に終わってしまいました」

◆芳田司
「チームのために一点取りたかったのですが。決勝だけ出させてもらえるということでしっかり準備していたのですが、自分の流れにすることができなかったです」

◆大野将平
「まずはオリンピック前半戦応援ありがとうございました。フランスチームが強かったです。尊敬しています。正直この場で自分の柔道を見せたかった気持ちはありますが、チームで戦えたことを誇りに思いますし、井上(男子代表)監督、増地(女子代表)監督を男にできず残念です。

この男女混合団体を負けたことこれはしっかりと胸に刻まないといけないと思っています。キャプテンとしてチームを優勝に導けなかったことに責任を感じています。3年後リベンジできるように精進していきたいです」