NEWS新着情報

2019.04.17

【世界卓球】五輪メダリスト・シンガポール女子不動のエース「フォン・ティエンウェイ」/選手紹介


フォン・ティエンウェイ(FENG Tianwei)
生年月日:1986年8月31日
出身地:シンガポール
戦型:右シェーク両面裏ソフトドライブ型
世界ランク:10位(※2019年4月)

【プロフィール】
中国からの帰化選手で、五輪で3つのメダルを獲得しているシンガポール女子の不動のエース。

2002年全中国ジュニア選手権で優勝し、有望な若手として期待されたが、中国女子ジュニアナショナルチームに入った後に心筋炎を患い、チームを離脱。

その後、日本リーグのサンリツでプレーし、2007年にシンガポールに渡ってから急成長を遂げ、シンガポール代表として活躍。2008年北京五輪では団体戦銀メダル獲得に貢献した。

2010世界卓球モスクワ(団体戦)の決勝・中国戦では、トップで丁寧を破ると、2-1で迎えた4番で劉詩雯に勝利。8連覇中だった世界最強の中国から2点を奪って優勝を決めるという歴史的快挙を成し遂げ、一躍時の人となった。

前回大会の2017世界卓球ドイツ(個人戦)は準々決勝まで勝ち上がるも平野美宇にストレート負けを喫してベスト8。2019年4月のアジアカップは3位決定戦で石川佳純に敗れて4位に終わっている。Tリーグでは日本ペイントマレッツのメンバーとして出場し、10勝4敗と健闘。全盛時のような粘り強さはないとはいえ、32歳のベテランはまだまだ強い。

【プレースタイル】
右シェーク両面裏ソフトドライブ型で、前陣でのミスのない両ハンドラリーを得意とする。ボディバランスに優れ、左右に揺さぶられても体勢が崩れず、我慢比べと巧みなコース取りで相手を追いつめるタイプ。

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード

最新記事