NEWS新着情報

2020.01.18

三部航平・及川瑞基の盟友ペアが学生最後の全日本で優勝!【卓球 全日本選手権】

及川瑞基、三部航平 Photo:Itaru Chiba


「天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会」<1月13~19日/大阪> 大会6日目の1月18日、男子ダブルス決勝で三部航平/及川瑞基の専修大学ペアがインターハイ王者の戸上隼輔/宮川昌大の野田学園高ペアをゲームカウント3-2で下して優勝を果たした。

2020年全日本卓球選手権大会 試合結果

水谷隼・大島祐哉の木下グループペアを破るなど、旋風を巻き起こした高校生ペアを接戦の末に下した三部航平/及川瑞基は、同ペアとしての初優勝。

青森山田中高・専修大学で10年ともに卓球に打ち込んできた2人。前年の6位からのジャンプアップとなり、大学4年生の2人は学生生活の最後に栄冠をつかんだ。

試合後のインタビューで三部は「僕たちはいつも接戦になる試合が多かったので、すごく苦しい試合が多くて、それを全部乗り切って最後に優勝することができて非常にうれしいです。最後に同じチームで組むダブルスで2人とも思いが強くて、それがこういう結果につながったかなと思います」とその喜びを語った。


【全日本卓球選手権大会】
<男子ダブルス決勝>
三部航平/及川瑞基 3-2 戸上隼輔/宮川昌大
11-6/7-11/11-6/9-11/11-8

宮川昌大、戸上隼輔 Photo:Itaru Chiba

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード