NEWS新着情報

2020.02.25

国際卓球連盟が新型肺炎の影響で世界卓球2020韓国の延期を発表

PHOTO:@ITTFWorld

 ITTF(国際卓球連盟)は2月25日、新型コロナウイルス感染の影響拡大に考慮し、3月22日(日)開幕予定だった「世界卓球2020 韓国(団体戦)」<3月22日(日)~29日(日)>の開催を延期することを発表した。新たな日程は6月21日(日)~28日(日)を仮予約としている。

 ITTFの発表によれば、先週金曜に韓国・釜山で報告された新型コロナウイルスの感染事例を受け、ITTF、韓国卓球協会、釜山市の三者で緊急事態会議が開かれ、世界卓球2020 韓国の開催について話し合いが持たれたという。その結果、以下が決定された。

1.2020年3月22~29日に予定されていた大会の延期
2.2020年6月21~28日を仮予約し、今後、数週間の状況を監視する

また、世界卓球2020 韓国の延期にともない、6月に予定されていたワールドツアープラチナ・オーストラリアオープンおよびワールドツアー・韓国オープンの開催日程も検討されるという。

 ITTFは今回の発表に先駆け21日(金)に、世界卓球2020韓国・第1ステージ(グループリーグ)のドロー延期を発表していた。

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード