×

混合『金』伊藤美誠 8強!タイのエースに貫禄勝ち「目の前の一戦一戦をやり抜きたい」【五輪卓球】

2021.07.27
SHARE
記事をシェア
2021.07.27

伊藤美誠 Photo by Ezra Shaw/Getty Images

東京オリンピック卓球競技<7月24日~8月6日> 4日目の7月27日、女子シングルス4回戦が行なわれた。昨日、水谷隼(木下グループ)とともに混合ダブルスで日本卓球史上初の五輪金メダルを獲得した伊藤美誠(第3シード/スターツ 世界ランク2位)が、タイのエース・スターシニー(第22シード 世界ランク41位)を4-0のストレートで下して準々決勝進出。

第1ゲームから持ち味を発揮して攻める伊藤。スターシニーもミドルを攻めて詰め寄るも、最後は横回転の強いチキータが決まって11-7で先制。

2ゲーム目もサーブでレシーブを泳がせて、ミート打ちで攻める伊藤の必勝パターン。スターシニー独特のしゃがみ込みサーブもフォアを抜くバックフリックではね返し、11-6で危なげなく取る。

伊藤は3ゲーム目もサーブとレシーブで台上を制圧し、前半でリードを広げる。しかしスターシニーは長いラリーで真価を発揮。小柄の伊藤が届かないサイドを切るボールなどを送って9-9に追いつくが、伊藤が変幻自在の2本のサーブで11-9とここも取る。

4ゲーム目はスターシニーが食らいつくも、伊藤は投げ上げてのしゃがみ込み気味のサーブ、ボールを横に振って薄くとらえるレシーブなど、独自性のある技術でミスを誘発する。最後もロングサーブで11-7とし、ストレートで勝利した。

なお準々決勝では韓国のエース、チョン・ジヒと対戦する。

試合後のインタビューで伊藤は「今日はしっかり、2試合乗り越えられてよかった。(昨日混合ダブルスもあったので)明日に向けてしっかり休みたい。目の前の一戦一戦やり抜きたい」と語った。


【東京オリンピック】
<女子シングルス4回戦>
伊藤美誠 4ー0 スターシニー(タイ)
11-7/11-6/11-9/11-7

ws_draw.jpg

東京2020 卓球競技 各種目日程

■東京2020 出場チーム・出場選手・ドロー

SHARE

このページを友達にシェアしよう!