×

混合『金』の伊藤美誠 二冠へ始動「体力には自信がある」シングルス初戦突破!欧州女王に快勝【五輪卓球】

2021.07.27
SHARE
記事をシェア
2021.07.27

伊藤美誠 女子シングルス3回戦 Photo:Itaru Chib

東京オリンピック卓球競技<7月24日~8月6日> 4日目の7月27日、女子シングルス3回戦で伊藤美誠(第3シード/スターツ 世界ランク2位)が、フ・ユ(第32シード/ポルトガル 同55位)をゲームカウント4-1で下し、4回戦進出を決めた。

昨日、水谷隼(木下グループ)とともに混合ダブルスで日本卓球史上初の五輪金メダルを獲得した伊藤。その余韻冷めやらぬなか、シングルスでの初戦がはじまった。

相手のフ・ユは中国出身の42歳で、2019年ヨーロッパ競技大会の覇者。トップ戦線では希少となったペンホルダーのドライブ型で、回転のかかる粘着性ラバーを使いこなす。

第1ゲーム前半はフ・ユのくせ球に面喰らい、3-5とリードされる。しかし伊藤は長短と回転自在の巻き込みサーブから優勢に立ち、最後は相手のフォアドライブをカウンターで狙い打って11-9で先制。

しかし2ゲーム目、フ・ユはペンホルダー特有の強いフォアハンドとショートを活かす戦い方で立ち回る。器用にボールをさばかれて5-11で取り返される。

第3ゲーム、伊藤は長めのサーブを多く織り交ぜながら、ミドルを効果的に突く攻撃。ときおり空いたフォアを狙ってノータッチを奪い、11-5で取る。4ゲーム目はフォアとバックに攻撃もロングサーブも打ち分けて、11-4で一気に奪う。

CHI_3401.JPG

伊藤美誠 女子シングルス3回戦 Photo:Itaru Chiba


伊藤は5ゲーム目もミドルへ突き刺すロングサーブ、クロスに来るフォアドライブをカウンターと、これまでのフ・ユのプレーからの予測を利かせた立ち回り。11-5で取って勝利した。

3ゲーム目からは危なげなくヨーロッパ女王を封じ込めた伊藤。

試合後のインタビューでは「気持ちの部分では(シングルスに)しっかり切り替えが出来ている。たくさん休養できたわけではないですが、シングルスに集中できていると思います。けっこう元気で。たくさん練習してきたので体力には自信があります」とコメントした。

次の4回戦では、日本のTリーグ・日本ペイントマレッツに所属するスターシニー(第22シード/タイ 同41位)と対戦する。

【東京オリンピック】
<女子シングルス3回戦>
伊藤美誠 4ー1 フ・ユ(ポルトガル)
11-9/5-11/11-5/11-4/11-5

CHI_3654.JPG

伊藤美誠 女子シングルス3回戦 Photo:Itaru Chiba

東京2020 卓球競技 各種目日程

■東京2020 出場チーム・出場選手・ドロー

SHARE

このページを友達にシェアしよう!