×

男子シングルス 張本、丹羽がベスト16で敗退 馬龍が男子初の五輪連覇(五輪卓球/結果まとめ)

2021.08.09
SHARE
記事をシェア
2021.08.09

張本智和がまさかの4回戦敗退 写真:新華社/アフロ

7月24日~8月6日、東京体育館で行われた東京オリンピック卓球競技。日本チームは、金メダルを含む4つのメダル獲得という前回のリオオリンピックを上回る素晴らしい成績を残した。

男子シングルスは、張本智和(木下グループ)と丹羽孝希(スヴェンソンホールディングス)が3回戦から登場。初戦は突破した2人だったが、続く4回戦で敗れ、ともにベスト16でストップ。

張本のヤマは、警戒していたピッチフォード(イングランド)ではなく、スロベニアの新星・ヨルジッチが勝ち上がり、チャンスだと思われたが、ヨルジッチの強烈なバックハンドに苦しみ、惜しくもシングルスのメダルを逃した。丹羽も今大会絶好調のオフチャロフ(ドイツ)のパワーに屈し、1-4で敗退。

CHI_1512-thumb-1000x665-25761.jpg

丹羽孝希 オフチャロフに敗れて4回戦敗退 Photo:Itaru Chiba

決勝は中国対決となり、先輩の馬龍が樊振東をくだして、男子では初のオリンピック連覇を達成。

3位決定戦は、ともに準決勝で中国勢と激戦を繰り広げたオフチャロフと林イン儒が戦い、オフチャロフがロンドン五輪に続く、シングルス2度目の銅メダルを手にした。

GettyImages-1331476277.jpg

男子シングルス表彰式 Photo by Justin Setterfield/Getty Images

【男子シングルス メダリスト】
金:馬龍(中国)
銀:樊振東(中国)
銅:オフチャロフ(ドイツ)

【男子シングルス/日本選手の記録】
張本智和【ベスト16】
・3回戦
4ー1 林兆恒(香港)
11-9/13-11/8-11/12-10/12-10

・4回戦
3ー4 ヨルジッチ(スロベニア)
10-12/9-11/3-11/12-10/11-8/7-11/7-11

丹羽孝希【ベスト16】
・3回戦
4ー0 ワン・ヤン(スロバキア)
11-6/11-8/11-3/12-10

・4回戦
1ー4 オフチャロフ(ドイツ)
4-11/11-7/0-11/7-11/9-11

CHI_1982.jpg

絶対王者・馬龍 Photo:Itaru Chiba

■東京2020 卓球競技 各種目日程

■東京2020 出場チーム・出場選手・ドロー

SHARE

このページを友達にシェアしよう!