カンブリア宮殿

村上龍×経済人

毎週木曜日1000分 ~1054

テレビ東京系にて放送中

バックナンバー

201776日 放送

食のチカラで驚きの集客を実現!
"味の仕掛け人"が打ち出す新戦略

  • ラパンフーヅ 社長 (なかみち ひろし)

「遠くても、わざわざ食べに行きたい!」「あの場所で、あの料理を味わいたい」全国の客に、そう思わせて驚きの集客を実現してきたフレンチシェフ・中道博。客が驚き、感動する料理を武器に、いくつもの『予約が取れない人気店』を生み出してきた人物だ。そんな中道が過疎に悩む自治体と手を組み、地域の活性化に挑みだした。しかも、中道の取り組みに感化され、町の農家やJAの意識も大きく変わったという。ミシュランの星を合計6つ持つ、人気フレンチシェフが考えた地域に観光客を呼び込む秘策とは...「そこでしか味わえない、お金がかかっても行ってみたい」と思わせる料理の力で、町を活性化させようとする中道の類い稀な手腕を密着取材した!

  • カンブリア宮殿 放送を見逃した方はこちら テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

社長の金言

  • 目的を共有できる仲間がいればどんな問題も乗り切れる
  • RYU’S EYE

  • 座右の銘

放送内容詳細

“美しい町”を“美味しい町”へ・・・美食の力で地方を元気に!

色鮮やかな農地が続く「パッチワークの路」や水面が青く見える「青い池」など…風光明媚な観光スポットが目白押しの北海道・美瑛町。この街には、こうした絶景を目当てに多くの観光客が訪れている。しかし、その客の多くは、立ち寄って景色を見るだけ、つまり、美瑛町は、富良野に行く途中に立寄る観光スポットに過ぎなかった。しかし、“ある施設”が完成したことを機に、状況が一変した。それが10年前に誕生した「美瑛選果」だ。選び抜かれた上質の野菜が買える直売所や、ミシュラン1つ星のフレンチレストラン「アスペルジュ」を併設。今では、ここを目的に、年間20万人が訪れるという。つまり、美瑛選果は「観光客が通り過ぎるだけだった町を、お客にお金を使ってもらえる観光地」に生まれ変わらせたのだ。こうした“美食で町に人を集める”仕掛け人こそ・・・ラパンフーヅの中道博だ。実は、中道、北海道では有名なフレンチシェフ。遠くても、わざわざ行きたくなる店を6店舗も手掛けているという。「美しい街」を「美味しい街」に変えた中道の独自すぎる地域活性化策、その全貌に迫る!

地方を元気にする三ツ星シェフ・・・中道博とは?

中道が率いるラパンフーヅは、3つ星のフレンチレストラン「モリエール」の他に、3つのレストランで、1つ星を獲得。いまや、日本最強とも言われるフレンチシェフ集団を率いている。そんな中道が自治体と手を組み、地方再生に乗り出すようになった、きっかけが北海道真狩村にあるという。演歌歌手の「細川たかしの出身地」ということ以外に、自慢する事が無かった人口2000人ほどの村に、反対を押し切って、宿泊できるレストラン=オーベルジュを作りあげたのだ。そして、ほとんど見向きもされなかった村に年間80万人の観光客を呼び込む結果を出したのだ。どこにでもある過疎の街を観光地へと変えさせた中道流の知られざる決断と、その裏にあった壮絶なドラマを追った。

生きる指導で未来の“中道”を・・・美瑛塾

地域の再生と共に、中道が力を入れているものがある。それが、若手の人材育成だ。中道は、冬のシーズンオフになったオーベルジュを使い、若手料理人の教育を行う塾を開催しているという。塾生は、20名ほど。年齢制限はない。そのため様々な人が集まる。普通の料理学校とは違い、より実践的な内容を学んでほしいと、シーズン中は、店のスタッフとしても働きながら、周辺の農家などに足を運び、隠れた素材の魅力に気づく目を養わせているのだ。第2、第3の中道を育てる、個性的なの人材育成術を取材した!

ゲストプロフィール

中道 博

  • 1951年北海道登別市生まれ
  • 1970年札幌グランドホテル入社
  • 1974年フランスへ料理修行
  • 1982年世界料理コンクール日本代表に金賞・特別賞を受賞
  • 1984年「モリエール」開業
  • 1997年「マッカリーナ」誕生
  • 2012年「モリエール」3つ星を獲得
  • 2017年ミシュランガイドで6つの星を獲得

企業プロフィール

  • 本 社 北海道札幌市中央区宮ヶ丘2丁目1-1
  • 設立 1984年
  • 資本金 1700万円
  • 従業員数 98人
  • ※手がけるレストラン・施設
    モリエール(札幌)、マッカリーナ(虻田郡真狩村)
    アスペルジュ(美瑛町)、ランファン・キ・レーヴ(札幌)
    ビブレ(美瑛)、ラパンスタイル(札幌)
    モリエールカフェ降っても晴れても(札幌)

村上龍の編集後記

「食材を活かす」誰もが常識だと思っている。だが、実はこれほどむずかしいことはない。食材は、料理人の知識や技術を超える偉大な存在なのだ。かって北海道は「食材の宝庫だが美味しい料理は少ない」と揶揄されることもあった。そこに中道博というシェフが現れた。「食材と水」をベースにして、、オーベルジュを作った。料理は、自律的だ。どれほど高名なシェフでも、エゴが食材への敬意を覆ってしまったら、堕落する。中道さんは常に、食材と客のことを考えている。その料理は、あらゆるエゴが消えていて、美味しさだけがある。

村上龍の編集後記画像

放送を見逃した方はこちらテレビ東京 ビジネス オンデマンド

バックナンバー

社長の金言

  • 稼ぐことが 改革の絶対条件

    アグリゲート 社長左今 克憲

  • 改革は まず1歩を踏み出す

    飛騨産業 社長岡田 贊三

  • 経営者が種をまき みんなが考えて 咲かせる

    アールディーシー 会長久志本 京子

カンブリア宮殿 放送を見逃したなら テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料 月額500円+税でテレビ東京の人気経済番組が見放題!!詳しくはこちら

ご注意下さい

最近、「カンブリア宮殿」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「カンブリア宮殿」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。

カンブリア宮殿公式アカウントはこちら