カンブリア宮殿

村上龍×経済人

毎週木曜日1000分 ~1054

テレビ東京系にて放送中

バックナンバー

20171214日 放送

「もったいない」を「ありがとう」に変える奇跡の食料支援

  • セカンドハーベスト・ジャパン 代表

まだ食べられるのに捨てられている食べ物、いわゆる「食品ロス」が日本では年間約632万トンにも上る。日本人1人当たり、毎日お茶碗約1杯分(約136g)のご飯の量を捨てている計算だ。一方で、日本人の6人に1人が相対的貧困状態にあるという。そんな時代に、処分される食品を集めて、困っている人々や団体に届ける取り組みがじわじわと広がっている。それが「フードバンク」だ。日本ではセカンドハーベスト・ジャパンが2002年に最初の活動を始めた。率いるのは、なんと元ホームレスのアメリカ人。「もったいない」を「ありがとう」に変える奇跡の食料支援活動に密着!

  • カンブリア宮殿 放送を見逃した方はこちら テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら
  • RYU’S EYE

  • 座右の銘

放送内容詳細

余った食品が困っている人の役に立つ、日本初のフードバンク!

フードバンクは1960年代に米国で始まり、日本でも「もったいない」をキーワードに広がっている。2002年に国内初となるフードバンク、「セカンドハーベスト・ジャパン」が誕生。恵まれない人を助けるという目的だけではなく、誰もが食べ物にアクセスできるセーフティーネットの構築を目指している。また、月に2回、隅田川沿いで行われる炊き出しをはじめ、食料を取りに来てもらうピックアップ拠点を都内に14ヶ所、2020年までに75ヶ所を目指している。

隅田川の元ホームレスが立ち上げたフードバンク誕生秘話

4歳でアルコールに手を出し、12歳の頃には依存症に陥っていたというチャールズ・マクジルトン氏。高校時代に克服し、海軍に入隊。1984年に横須賀米軍基地への赴任を命じられ初来日。除隊後、東京・山谷の修道院に下宿した。そこで毎週行われていた炊き出しを手伝うようになり、あるきっかけから自分も隅田川沿いでホームレスを1年3ヶ月にわたって体験した。その体験が契機となり、2002年、日本初のフードバンクを設立。「あげる側ともらう側に上下関係はない」、「必要としている人のプライベートには過剰に踏み込まない」…チャールズの哲学に迫る。

食料支援の輪を全国に!

今や食料支援の代表的な存在となったセカンドハーベスト。支援企業の数もスタート当初はわずか2社だったが、現在は1400社にまで増えた。チャールズはこの強みを生かし、全国へフードセーフティネットの輪を広げようとしている。番組では沖縄のフードバンクを取材。そこには地方が抱える大きな課題があった。

ゲストプロフィール

チャールズ・マクジルトン

  • 1963年アメリカ・モンタナ州生まれ
    12歳でアルコール依存症に
    高校卒業後 海軍入隊
  • 1984年初来日
  • 2002年国内初のフードバンク設立

企業プロフィール

  • 住 所:東京都台東区浅草橋4-5-1水田ビル1F
  • 設 立:2002年
  • 協力企業数:1400社(2017年11月現在)

村上龍の編集後記

今の日本で、空腹を抱えている人々がいることをイメージしづらい。ファストファッションを身につけ、スマホを操ったりしている。スマホを買うお金があったら食事を何とかしろと思う人も多いだろう。だが、どんな時代でも、空腹は辛く、社会を不安定にする。マクジルトンさんには壮絶な過去があり、だから、なのか、しかし、なのか、考え方も行動もフェアだ。「可哀想だから助ける」のではなく、「ここに暖かい食事があるから、よかったらどうぞ」と呼びかける。「共に生きる」という意味を、シンプルに示している。

村上龍の編集後記画像

放送を見逃した方はこちらテレビ東京 ビジネス オンデマンド

バックナンバー

社長の金言

  • 国鉄改革は “社員の心”の改革だった

    JR東日本 会長冨田 哲郎

  • 能力を引き出すのが トップの仕事

    六花亭 亭主小田 豊

  • 常識を疑って ぶち壊す

    ブーランジェリーエリックカイザージャポン 社長木村 周一郎

  • 楽しくなかったら やめよう

    鯖や 代表取締役右田 孝宣

カンブリア宮殿 放送を見逃したなら テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料 月額500円+税でテレビ東京の人気経済番組が見放題!!詳しくはこちら

ご注意下さい

最近、「カンブリア宮殿」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「カンブリア宮殿」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。

カンブリア宮殿公式アカウントはこちら