ニュース・更新情報

ポケットモンスター

[前の5件] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] []
「ハネッコはねた!だいそうげんのたたかい!!」

2000年3月2日放送

道中サトシたちは“わたくさポケモン”のハネッコに出会う。強い風に吹かれると飛ばされてしまうという性質を持つハネッコを追い掛けていくと、そこには一人の少女が。アズサと名乗る少女は、自分のハネッコを育てながら天気予報にその性質を利用できないか観察しているのだという。
そんなハネッコの中で一匹だけ飛べない仲間がいた。しかし、それはハネッコではなく、自分をハネッコだと思い込んでいるナゾノクサだったのだ。
そこへ、ハネッコの大量ゲットを目論むロケット団があらわれて・・・。

「なぞのスーパーヒーロー!グライガーマンとうじょう!!」

2000年3月9日放送

サトシは旅の途中、聞き慣れないポケモンの鳴き声を耳にする。 タケシにそれは"とびさそりポケモン"のグライガーだと教えられ、 興味を抱くサトシ。
と、突然ロケット団の落とし穴にはまってしまうサトシたち。続くロケット団の激しい水攻めに絶体絶命のピンチか!?
その時、どこかで聞いた鳴き声と共に、突如として現われた謎の 影がサトシたちを救い出した。サトシたちを救った影の正体は、一 体のグライガーと、グライガーを模したコスチュームに身を包んだ男だった。男は自ら“愛と正義の使者、グライガーマン”と名乗る。 この男、果たして何者なのか?

「メリープとまきばのしょうじょ!」

2000年3月16日放送

サトシたちはヒワダタウンにむかう道中の草原地帯で”わたげポケモン”のメリープを放牧している親子に出会う。娘のカレンは年に一度、村で開かれるカーニバルのことを考えるあまり、メリープの世話が手につかない様子。カーニバルで開催されるポケモンバトルは村人だけが参加でき、カレンは自分のメリープでの参加を考えていたのだ。
しかし、母のエレンは娘の未熟さと、メリープ品評会の準備に忙しい事を理由に参加を許そうとしない。
そんな親子を見かねたサトシたち一行は、メリープの世話を願い出る。

「バトルしようぜ!ハッサムVSヘラクロス!!」

2000年3月23日放送

旅の途中の森の中、サトシたちの目の前にハッサムが突如として立ちはだかった。ピカチュウは戦闘態勢をとるが、2体は互いに隙を与えずにらみ合いに…。沈黙を破ったのは木々に身を隠していた ハッサムのトレーナー、ムラマサだった。彼は実力のあるトレーナ ーを求めてこの森で腕試しをしていたのだ。腕前を認められたサトシはムラマサが開くポケモンバトルの道場へと案内される。ここでは若手トレーナーが自らとポケモンを鍛えようとして集っているのだ。
そこで最強を誇るシンゴは道場の二代目。サトシはムラマサに請われ、データしか信じないシンゴの目を覚まそうとバトルを申し込むが…。

「ヒノアラシ!ゲットだぜ!!」

2000年3月30日放送

旅の途中、森で道に迷ったサトシたち。「おい!」と呼び止める 声に振り向けば、そこにはガラの悪そうな少年が立っていた。少年 はこの辺に生息するというヒノアラシを探しているという。「お前 たちは手をだすなよ」と横柄に言い放つ少年だったが、サトシたちは俄然張り切ってヒノアラシをゲ ットしようと単独行動を始めてしまう。
その直後、タケシとカスミの目の前に大きな影が飛び出してきた。その正体はニャース型の巨大ロボット。乗り込んでいるのはロケッ ト団、今回の狙いは一体…!?

[前の5件] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] []
©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku ©Pokémon