カンブリア宮殿

村上龍×経済人

毎週木曜日1000分 ~1054

テレビ東京系にて放送中

バックナンバー

2018111日 放送

創業1805年の老舗和菓子店
伝統と革新の・・・「幸せ」経営術

  • 船橋屋 8代目当主 (わたなべ まさし)

東京、江東区にある亀戸天神のほど近くに、参拝客帰りの人で賑わう店がある。
創業1805年、213年の伝統を誇る老舗の和菓子店「船橋屋」だ。白玉のあんみつや、昔ながらの汁粉も人気だが、客に圧倒的な支持を得るのが「くず餅」。プルンプルンの食感と、和菓子で唯一の発酵食品とあって、健康に良いのが人気の理由。8代目当主の渡辺は、元銀行マン。伝統を守りながらも、革新にも挑む。老舗和菓子店の伝統と挑戦を追った。

  • カンブリア宮殿 放送を見逃した方はこちら テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

社長の金言

  • ピラミッド型よりも オーケストラ型の組織に
  • RYU’S EYE

  • 座右の銘

放送内容詳細

老舗和菓子店が挑むイノベーション

東京都内を中心に25店舗展開する和菓子店「船橋屋」。創業1805年の老舗。一番人気は「くず餅」。くず餅は450日かけて発酵させ、手間ひまかけて独自の食感を生み出す。しかし、添加物を一切使わないため消費期限はわずか2日間。自然のままの素材の方が体に優しいし、何より江戸時代から続く“粋”でもあるという。船橋屋は老舗の企業でありながら、新しいことにも挑戦し続ける。例えば、和と洋を融合させたスイーツの開発。「くず餅プリン」は、和洋をミックスさせた商品で、幅広い層から人気を集めている。

社員の自主性が活かされる会社へ!

1964年に老舗の和菓子店「船橋屋」に生まれた渡辺。跡継ぎになる気はなく、大学卒業後は大手都市銀行に入行。当時、世の中はバブル時代。渡辺は好景気を背景にディーラーとして活躍した。しかしバブル崩壊の崩壊で、実家の「船橋屋」に暗雲が。渡辺は銀行を辞め、1993年船橋屋に入社。そこは昔ながらの職人が幅を利かす、なれ合いの世界だった。
古参の社員に反発を食らいながらも、渡辺は改革に挑む。そして、今や年間1万7000人の学生がエントリーする人気企業に。

くず餅の菌で、健康に!?

「くず餅を食べて健康になった」。そういう客の声が多く、研究機関で調査したところ、腸に良い新種の「くず餅乳酸菌」を発見。その「くず餅乳酸菌」は医療機関でも注目され、今後は医療の一環として使用される可能性も出てきた。そして、渡辺はこの「くず餅乳酸菌」を使った独自の商品開発にも取り組んでいる。

ゲストプロフィール

渡辺 雅司

  • 1964年東京都江東区亀戸生まれ
  • 1986年立教大学卒業後、三和銀行に入行
  • 1993年家業「元祖くず餅 船橋屋」に入社
  • 2008年8代目当主として社長に就任

企業プロフィール

  • 本 社:東京都江東区亀戸3-2-14
  • 設 立:1952年10月
  • 売上高:約18億円
  • 社員数:180名
  • 店舗数:25

村上龍の編集後記

渡辺さんは、会社に入って、妥協のない改革に取り組んだ。職人の仕事をマニュアル化し、努力を怠る仕入れ先を切り、メインバンクとの取引内容にも切り込んだ。だが、社内の雰囲気が殺伐としているのに気づき、従業員のやる気を引き出すために、あらゆることをやった。「船橋屋」は生まれ変わったが、不思議なことに、なのか、あるいは当然のこと、なのか、たぶん「くず餅」の味、食感の基本は変わっていない。スタジオで食べたとき、独特な繊細さを表現できなかった。213年間変わらず、「くず餅」が、主役に君臨している。

村上龍の編集後記画像

放送を見逃した方はこちらテレビ東京 ビジネス オンデマンド

バックナンバー

社長の金言

  • 商品にブランドを語らせて 競争する

    デサント 社長石本 雅敏

  • 他より3倍高くても そこに価値があれば売れる

    七洋製作所内山 素行

カンブリア宮殿 放送を見逃したなら テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料 月額500円+税でテレビ東京の人気経済番組が見放題!!詳しくはこちら

ご注意下さい

最近、「カンブリア宮殿」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「カンブリア宮殿」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。

カンブリア宮殿公式アカウントはこちら