カンブリア宮殿

村上龍×経済人

毎週木曜日1106分 ~1155

テレビ東京系にて放送中

バックナンバー

2021930日 放送

イノベーションを生み出す!
"変な会社"の驚きサバイバル術

  • 三島食品 会長 (みしま ゆたか)

「ご飯のお供」として、誰もが一度は聞いたことある赤ジソのふりかけ「ゆかり」。実は、このロングセラー商品を作っている「三島食品」の2代目トップ・豊会長は「三島食品」のイノベーションを生み出す独自の会社に生まれ変わらせた経営者だ。他にはない独自の取り組みで、三島食品を「ふりかけ」だけにとどまらない食品メーカーへと成長させてきた。そんな2代目の目指すべき会社が...実は「変な会社」だという。「変化に対応できる会社」という意味の"変な会社"を目指し、挑戦する組織をつくりあげた、三島食品の知られざる奮闘を徹底取材した。

  • カンブリア宮殿 放送を見逃した方はこちら テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

社長の金言

  • 会社が楽しくなると 仕事も面白くなる
  • RYU’S EYE

    RYU’S EYE
  • 座右の銘

放送内容詳細

“良い商品を良い売り方で”創業以来続けるこだわりの商品作りの舞台裏

「ゆかり」が長年愛される秘密は、こだわりの原料と製法にある。「ゆかり」の原料として使われる赤ジソ。実は、三島食品は30年以上も前に、ふりかけメーカーにもかかわらず、原料の種から独自開発。しかも、その赤ジソを自社農園での栽培も開始した。そうして栽培した赤ジソも「ゆかり」に使うのは…新芽だけ。収穫した赤ジソも、いったん漬物にしてから「ふりかけ」にするという手の込んだ製法で作っているのだ。そんな三島食品が創業以来、愚直に守り続けている理念こそ「良い商品を、良い売り方で」というもの。「広告や宣伝にお金を使うなら、商品作りに金をかけろ!」を合言葉に、消費者の信頼を勝ち取ってきたのだ。地方の小さなふりかけ会社を全国区の食品メーカーに変えた、知られざる秘密を徹底解剖する!

業界初を連発!原動力はイノベーション力

三島食品の歴史は、まさに“挑戦の歴史”。メーカーとして後発でふりかけ市場に参入した当初は、卸会社や小売り店に見向きもされなかったという。そこで創業者の哲男は、他社にはない“挑戦”を次々に仕掛けていく。まず、業務用として「缶」で販売している「ふりかけ」を一般客向けに「量り売り」を開始。そして、日本初となる、小袋に入れた「一食用ふりかけ」を作って学校給食や病院に採用されるなど、独自の戦略で販路を拡大。さらに、コンビニが普及していなかった時代には、小さなおにぎり専門店「サラヤ」を業界に先駆けて展開してきた。こうした新市場を開拓するDNAは、もちろん、2代目にも引き継がれている。地方の小さな食品会社がイノベーション力で躍進した独自の仕組みに追った!

“変な会社”を目指す!驚きの社内制度

豊会長が経営トップの座を引き継いだ時、先代から言われた言葉がある。それが「永続企業にしてくれ!」という言葉だった。その約束を果たそうと動き出した豊会長だったが、そこには大きな壁が立ちはだかる。それこそ、偉大だった創業者を知る幹部たち。創業者の成功体験のイメージがあまりに強く、社内の幹部たちから「挑戦する姿勢」が失われていたという。そこで豊会長は「B面活動」という仕組みを導入する。「仕事に関係があることなら、勤務中でも好きなことをやっていい」と社内に号令をかけたのだ。すると、「漫画好き」な社員が営業用のポスターや名刺代わりの自己紹介漫画を作り始め、「音楽好き」な社員は、工場の見学に来る子供のためにオリジナルの歌を作曲し始めたのだ。この「B面活動」を導入したことで、多くの社員の意識が…ガラリと変わったという。“融通のきかない組織”を“挑戦する組織”に変えた、豊会長の知られざる狙いに迫る。

ゲストプロフィール

三島 豊

  • 1954年広島県生まれ
  • 1978年東京大学大学院を卒業、京セラ入社
  • 1981年三島食品入社
  • 1992年代表取締役社長に就任
  • 2017年代表取締役会長に就任

企業プロフィール

  • 創 業:1949年
  • 本 社:広島市中区南吉島二丁目1番53号
  • 売上高:138億円(2020年12月期)
  • 従業員数:420人
  • 事業内容:ふりかけ・レトルト食品等の製造販売

村上龍の編集後記

ふりかけの「ゆかり」を知らない日本人はほとんどいない。ただ三島食品はいっさいテレビのCFを打っていない。テレビのCFを打たずに国民食となった商品をわたしは知らない。「テレビで宣伝するくらいなら、その金を原材料にかける」という考え方は、全社員に共有されている、それが誇りを生んでいる。その誇りは精神的な余裕を生み、ユーモアが芽生える。「B面活動」がその典型だ。真剣なユーモアで、心の疲弊を防ぐ取り組みが行われている。

村上龍の編集後記画像

放送を見逃した方はこちらテレビ東京 ビジネス オンデマンド

バックナンバー

社長の金言

  • ファーストペンギンが会社を変える

    ジャパネットホールディングス 社長髙田 旭人

  • 会社が楽しくなると 仕事も面白くなる

    三島食品 会長三島 豊

  • 過去の成功をどんどん乗り越える社風

    日清食品 社長安藤 徳隆

カンブリア宮殿 放送を見逃したなら テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料 月額500円+税でテレビ東京の人気経済番組が見放題!!詳しくはこちら

ご注意下さい

最近、「カンブリア宮殿」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「カンブリア宮殿」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。

カンブリア宮殿公式アカウントはこちら