NEWS新着情報

2018.02.14

「Tリーグ」石川佳純、伊藤美誠ら日本代表クラスの選手の参戦はあるのか

全農所属選手 石川佳純 Photo:Itaru Chiba

 2018年10月に開幕を控えた卓球のプロアマ混合リーグ「Tリーグ」が2月7日、リーグ1部にあたる「プレミア」の参加男女各4チームを発表し話題となった。

 初年度にTリーグに参戦するのは男子が木下グループ(東京都)、チームさいたま(埼玉県さいたま市)、チーム岡山(岡山県)、琉球アスティーダ(沖縄県)の4チーム、女子は木下グループ(神奈川県)、トップ名古屋(愛知県名古屋市)、日本生命(大阪府)、日本ペイントホールディングス(大阪府大阪市)の4チーム、計8チームの参入が発表された。

 各チームの参加選手はまだ未定だが、外国人枠の制限はなく過去2年間で世界ランクトップ10以内の選手が1名以上を含む、6名以上の選手数が定められている。


日本代表クラスの選手の参加と所属チームは?

日本ペイントホールディングス所属選手 加藤美優 Photo:Itaru Chiba

 2017年4月に創部された女子チームの日本ペイントホ−ルディングスからは、所属選手である加藤美優と今年2月1日付で日本生命からの移籍が正式発表された田代早紀の参加が決まっている。現在、世界ランク15位の加藤は昨年の世界ジュニア選手権で女子団体・シングルスともに銀メダルを獲得するなど国際経験豊富な選手。一方の田代は今年の全日本選手権女子ダブルスで3位に入るなど、国内での活躍が顕著な選手である。

 また女子では、世界ランク14位で日本生命所属の早田ひなの参戦も確実視されている。チームからの発表はまだないが、Tリーグの参加チーム発表記者会見にゲストとして登場した際には、「Tリーグをたくさんの方に観戦していただいて、卓球の面白さを知っていただきたい」「Tリーグに参戦して、もっともっと実力をつけて東京五輪を目指したい」などと抱負を口にした早田。昨年は世界卓球2017ドイツ女子ダブルスで銅メダル、そして今年の全日本選手権でも女子ダブルス優勝など輝かしい成績を挙げているだけに、参加が決まればTリーグの目玉選手の一人となる。

 その他、ジーンズメーカーのボブソンや銀行など地元企業の支援を受けるチーム岡山は、今年の全日本選手権混合ダブルスで優勝した森薗政崇(明治大学)の獲得に動いているといい、チーム代表の小谷彰彦氏が「何が何でも取りたい選手」と明言している。

 他にも男子では早田とともに記者会見にゲスト出演した丹羽孝希(スヴェンソン)が、「国内で世界のトップ選手と対戦できるのは楽しみ」「Tリーグで力をつけて、次(東京五輪)は金メダルを目指す」などと参戦に意欲的。女子では「チャンスがあれば参加したい」と話す世界ランク4位の石川佳純(全農)、さらに全日本3冠で世界ランク6位の伊藤美誠(スターツSC)らの動向に注目が集まる。

(文=高樹ミナ)

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード