NEWS新着情報

2019.12.13

ダブルみゆう「今まで生きてきた中で一番嬉しい」笑顔の勝利!世界王者に大逆転勝ち【卓球 グランドファイナル】

木原美悠(左)、長﨑美柚(右) Photo:Itaru Chiba


ITTFワールドツアー・グランドファイナル<12月12~15日/中国・鄭州> 大会2日目の12月13日、女子ダブルス準決勝。世界ジュニアチャンピオンでダブルス世界ランク1位の長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)/木原美悠(JOCエリートアカデミー)ペアが同2位で2019年世界卓球金メダルペアの孫穎莎/王曼(中国)にゲームカウント3-2での大逆転勝利を果たした。

第1ゲームは出足から中国の若手最強格2人で構成されるペアに0-6とされ、王のサーブを前に長﨑のチキータも相手のコートに入らず3-11で先制を許し、第2ゲームも8連続失点を喫するなど、打開策が見当たらないまま5-11で落とす。

第3ゲームは日本ペアの連続攻撃が次々と決まって11-3で奪い返し、第4ゲームも競り合いの末に14-12で奪取。最終第5ゲームは大きなラリーが飛び出す見応えある展開。12-12から木原はフォアフリックとバックブロックを突き刺して14-12とし、世界チャンピオンペアを破って決勝進出を果たした。

孫穎莎/王曼昱 Photo:Itaru Chiba



長﨑・木原 試合後コメント

ー 世界チャンピオンペアに勝利しました。今の気持ちは?

(木原)嬉しいです。1、2ゲーム目は(3-11、5-11で)試合をしていて恥ずかしかったんですけど。0-2になってからは、(これを取られると)最後の1ゲームだから、サーブ・レシーブに変化をつけていこうと話して、そこからいい流れになって、自分たちの調子が出てきて。(勝てて)本当によかったです。

長﨑1、2ゲーム目は今までにないくらいに勝つ方法がなくて。自分たちは笑っていたんですけど、本当に苦しくて。4ゲーム目、5ゲーム目も自分たちが打っているのに入らなくて。美悠が決めてくれて。今まで生きてきた中で一番嬉しいです(泣)。美悠にありがとうと言いたいです。

長﨑正直決勝にいけるとは思っていなくて、決勝に進んだからには思い切って、楽しんでファンの皆様に良いプレーを見せることができたらいいなと思います。

(木原)明後日の決勝では今まで以上に全力でプレーして最後の試合なので思い切って戦えたらいいなと思っています。


【ITTFワールドツアー・グランドファイナル】
<女子ダブルス準決勝>
長﨑美柚/木原美悠 3ー2 孫穎莎/王曼(中国)
3-11/5-11/11-3/14-12/14-12

  • 1

【関連リンク】

この記事を共有する

関連ワード