カンブリア宮殿

村上龍×経済人

毎週木曜日954分 ~1054

テレビ東京系にて放送中

バックナンバー

20161110日 放送

ついにJAL超え!全日空快進撃の秘密

  • 全日本空輸(ANA)社長 (しのべ おさむ)

日本の航空業界で2番手が定位置だったANA。そのANAがついに売上高、旅客数ともにJALを抜いて日本一になった。その立役者が2013年に社長となった篠辺修。LCCのピーチ、バニラエアを成功に導き、本体ANAでも国際線で大攻勢を仕掛ける。そして今や世界でもトップクラスの航空会社として評価を受ける。篠辺が断行してきた驚きの改革の全貌に迫る。

  • カンブリア宮殿 放送を見逃した方はこちら テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

社長の金言

  • 部下の間違いを可とする社風が大事
  • RYU’S EYE

  • 座右の銘

放送内容詳細

LCC、国際線拡大…JAL越えの立役者・篠辺修

今、若者が殺到している観光地が奄美大島だ。3年前と比べ観光客は10万人増。レンタカー店や地元居酒屋もかつてない活況を呈し30億円の経済効果とも…。実はこの現象、LCCのバニラ・エアが就航したからだ。成田?奄美大島の片道が5890円。キャンペーンともなると1990円で行けてしまう。実はこのバニラは全日空のグループ会社。他にも関空拠点のピーチを持ち、傘下2社のLCCで市場を席巻している。そしてANA本体も去年国際線旅客数816万人に。808万人のJALを抜き日本一になった。10月30日には羽田からニューヨーク、シカゴ便を新たに飛ばし、最近もカンボジア・プノンペンや中国・武漢など続々と国際線を増やしている。その仕掛け人がANA社長、篠辺修だ。次男坊と言われ続けたANAを日本一に導いたその信念は「他がやってない事をやる(先にやる)」。JALを超えた秘密に迫る。

JALに追いつけ…ANA改革

ANAの前身は日本ヘリコプターという農薬散布などをするヘリコプター会社だった。1958年に今の全日本空輸となる。篠辺は1976年、整備士としてANAに入社。当時は国際線には出られず、国内線のみ。規制緩和により1986年にグアム便で初めて世界に出た。しかしサービスも、便数もJALとは雲泥の差。赤字も続いた。企画室へ移った篠辺はスターアライアンス加盟や成田の乗り継ぎの効率化などで国際線を黒字化する。その大改革を描く。

リスクが伴う航空業界、JALとの第二幕は?

B787や三菱リージョナルジェット(MRJ)など新型機材を最初に導入する航空会社になるなど攻めの経営を続けるANA。しかし最近、機材トラブルなどが紙面を賑わせている。そして、来年には、経営を立て直したJALが国交省の監視下を外れ、攻勢に出ると予測される。果たしてANAは?

ゲストプロフィール

篠辺 修

  • 1952年東京都出身(早稲田大学理工学部)
  • 1976年整備士としてANA入社
  • 1995年企画室
  • 2013年代表取締役社長に就任

企業プロフィール

  • 全日本空輸株式会社(ANA)
  • 本社:東京都港区東新橋1-5-2汐留シティセンター
  • 創 業:1952年
  • 年 商:1兆7911億円(2015年度 グループ)
  • 社員数:約3万6000人(2015年度 グループ)

村上龍の編集後記

篠辺さんは、駐機中の飛行機を見つめ、「元気でやっとるか」と笑顔を見せていた。生きものみたいですね、と聞くと、「本当です、同じ機種でも1機ずつ違うんです」まるで我が子を語るようだった。技術系なんだなと実感した。曖昧さは、許さない。合理性と論理性を重視する。全日空は、売上、旅客収入で日本航空を超えたが、国内トップの座はゴールではなく、変化する世界の航空業界を見据えている。「大企業病は、克服するのではなく、危機感を持って日々立ち向かうべきもの」全日空は、挑戦者であり続ける。

村上龍の編集後記画像

放送を見逃した方はこちらテレビ東京 ビジネス オンデマンド

バックナンバー

社長の金言

  • 従業員の総合力でカリスマを超える

    「叶 匠壽庵」3代目社長芝田 冬樹

  • ワクワクできるかどうかが研究者の成否を決める

    京都大学 iPS細胞研究所所長山中 伸弥

  • 人が全ての基盤

    バリューマネジメント 代表取締役他力野 淳

  • 誰もが受け入れられて誰もがふさわしい場所

    未来食堂 店主小林 せかい

カンブリア宮殿 放送を見逃したなら テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料 月額500円+税でテレビ東京の人気経済番組が見放題!!詳しくはこちら

ご注意下さい

最近、「カンブリア宮殿」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「カンブリア宮殿」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。

カンブリア宮殿公式アカウントはこちら