カンブリア宮殿

村上龍×経済人

毎週木曜日1000分 ~1054

テレビ東京系にて放送中

バックナンバー

20171123日 放送

地方を盛り上げる切り札! いま注目の「地域商社」の全貌

  • ファーマーズ・フォレスト 代表取締役社長 (まつもと ゆずる)

栃木県宇都宮市にある「道の駅うつのみやろまんちっく村」。広大な敷地の中には、農産物直売所を始め、体験農場、ドッグラン、温水プール、温泉、ホテルなどが立ち並び、年間140万人が訪れる人気の施設となっている。運営しているのはこの敷地内に本社を置くファーマーズ・フォレスト。同社は、道の駅の運営にとどまらず、地元の小規模農家が都心のスーパーで農産品を売る仕組みを構築したり、廃墟のようになっていた採石場を大人気の観光スポットに変貌させたりと、様々な領域にビジネスのフィールドを広げている。社長の松本が目指すのは、栃木を丸ごとプロデュースすること。今、こうしたビジネスを実践する組織は「地域商社」と呼ばれ、地方創生の切り札として注目を集めている。ファーマーズ・フォレストが見つめる日本の「地方」の未来とは。その全貌に迫る。

  • カンブリア宮殿 放送を見逃した方はこちら テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら
  • RYU’S EYE

  • 座右の銘

放送内容詳細

年間140万人が訪れる「進化系道の駅」の魅力

栃木県宇都宮市に年間140万人が訪れる大人気の道の駅がある。その名も「道の駅うつのみやろまんちっく村」。東京ドーム10個分という広大な敷地の中では、地場の珍しい産品を並べた売り場が多くの客を引きつけていた。他にも、地場食材をふんだんに使った飲食店や、温泉、プール、ホテル、地ビール工房などがあり、いわゆる「道の駅」の概念を超えた施設となっている。この大人気のスポットを運営しているのが、同施設内に本社を置くファーマーズ・フォレストだ。会社を率いるのは、松本謙社長。ただし、この施設は松本が1から作り上げたものではない。もともと第3セクターが手掛けていた農林公園を、創意工夫で人気の道の駅に“再生”したのだ。同社では、この道の駅だけでなく、廃墟と化していた「大谷石の採掘場跡」を整備して観光ツアー商品にするなど、栃木県そのものの再生も手掛けている。

不動産再生からの転換・・・「育てる仕事」がしたい!

松本はファーマーズ・フォレストを起業する前、不動産会社の一社員として、業績不振の温泉旅館や商業施設の再生を行い、軌道に乗ったらすぐに売却するという仕事を行ってきた。そんな折、赤字だったろまんちっく村が運営を民間に委託するということを知り、視察に訪れた。松本はその広大な施設を見た瞬間、「再生して売却するのではなく、再生した上でじっくり育てる仕事がしたい」という思いがわいてきたという。松本はすぐさま不動産会社を辞め、ファーマーズ・フォレストを立ち上げた。しかし、その後の道のりは険しく、もとからいた第3セクター社員からの反発、そして出入り業者との摩擦など、険しく困難なものだった。しかし、それを一つ一つクリアにしていき、ついには大人気のスポットへと変えていったのだ。

地方創生の切り札となるか!?「地域商社」の全貌

ファーマーズ・フォレストにとって、ろまんちっく村は単なる人気スポットという意識はない。栃木の産品を全国に知ってもらうための重要な販路と捉えている。同社では、ろまんちっく村以外にも、地元農家から農産物を集め都内のスーパーの直売所コーナーに置いてもらう仕組みを構築したり、栃木産品の通販ギフト誌「トチギフト」を制作・発行したりと、あらゆる手法で栃木を売り込む販路づくりに奔走している。そして、それら同士を有機的に結び付け、地方都市ならではの流通の形を造ろうとしているのだ。そうしたことを実践する企業は「地域商社」と呼ばれ、ファーマーズ・フォレストはそのフロントランナーとして他地域から手本にされるまでになっている。

未開のマーケットを切り開き、地域と地域を結べ

現在、1年の半分は沖縄にいるという松本。沖縄県うるま市に来年オープンする直売施設の運営をファーマーズ・フォレストが受託したのだ。松本は言う。「沖縄の産品は大都市では既に飽和状態。しかし、栃木を始めとした地方にはほとんど出荷されていない。地域と地域を結ぶことで、新たな市場が創出されるのではないか」。「地域商社」としてのファーマーズ・フォレストの新たな挑戦を追う。

ゲストプロフィール

松本 謙

  • 1967年長野県生まれ。慶應義塾大学卒業後、日産自動車に入社。
  • 1996年幼少期から抱いていた不動産開発への想いを実現させるべく、クリーン工房に転職。さいたまスーパーアリーナや六本木ヒルズの運営を手掛ける。
  • 2007年ファーマーズ・フォレスト設立。栃木のトータルプロデューサーとして、地元の魅力を全国に発信する「地域商社」という概念を生み出す。

企業プロフィール

  • 設 立:2007年
  • 従業員数:220名
  • 主な事業:道の駅うつのみやろまんちっく村の運営を始めとした地域商社事業

村上龍の編集後記

地方・地域再生は喫緊の課題だが、具体的な地名、固有名詞が必要なのかもしれない。機械は一律の再生が可能だが、人の再出発も、年齢や個性や経歴によって違う。100の地域があれば、100通りの再生がある。松本さんは、「ロマンチック村」の風景と風情に惹かれて、関与を決め、再生に乗りだした。「地域商社」という名称は、若干わかりづらいが、地域資源をすべて活用し、物流を含め、連携を図るということだろう。各地域には、個性と、独自の歴史がある。ファーマーズ・フォレストは、徹底してそれらを活かす。

村上龍の編集後記画像

放送を見逃した方はこちらテレビ東京 ビジネス オンデマンド

バックナンバー

社長の金言

  • 稼ぐことが 改革の絶対条件

    アグリゲート 社長左今 克憲

  • 改革は まず1歩を踏み出す

    飛騨産業 社長岡田 贊三

カンブリア宮殿 放送を見逃したなら テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料 月額500円+税でテレビ東京の人気経済番組が見放題!!詳しくはこちら

ご注意下さい

最近、「カンブリア宮殿」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「カンブリア宮殿」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。

カンブリア宮殿公式アカウントはこちら